オチキスH35/38/39軽戦車

Light Tank Hotchkiss H35/38/39

フランス陸軍 1936年

H35
1935年型エンジンを搭載したH35軽戦車

 1933年の新型歩兵支援軽戦車開発によって製作された軽戦車。この競作はルノー社とオチキス社の 二社で争われたが、結局採用となったのはルノー社案 (Renault R35 軽戦車)であった。不採用 となったオチキス社案だったが、最高速度が高かったため多少の手直しを行ったうえで騎兵用戦車として 採用されることになった(手直しを行ったところで最高速度は30km/hに満たず、このような低速車を騎兵 用戦車として採用した背景には歩兵科と騎兵科の確執があったとも言われている)。
 サスペンションはルノー社のラバー式とは異なり水平コイルスプリングを利用したシザース式サスペン ションを採用しており、一人用の小型砲塔(R35軽戦車と同型である)に短砲身37mm砲が装備された。 最初の生産型であるH35には1935年型エンジン(排気量3,480cc:75hp)が搭載されていた。
 H35の走行性能向上型として1938年型エンジン(排気量5,976cc:120hp)を搭載したモデルが後 に製作され、こちらはH38と呼ばれる。エンジンが大型化したため車体後部が一段高くなっているのが H35との相違点である。
 オチキス社の騎兵用戦車シリーズの最終型がH39と呼ばれる車両で、こちらはH38の火力強化型で ある。短砲身37mm砲では対戦車戦闘に不安があるとして長砲身37mm砲を採用している。ルノー社のR35 でも後期型車両は同じ長砲身砲を採用しているが、長砲身型の生産数は当戦車の方が圧倒的に多い。ちな みに車両の名称H35などは分類上便宜的に呼ばれているだけのもので、制式には「オチキス軽戦車19 35年型」などのように制式採用年で呼ばれているだけであった。
 フランス軍騎兵部隊に配備されていた当戦車シリーズはドイツ軍によるフランス占領時に鹵獲され、ド イツ軍によりフィンランドやノルウェー、バルカン半島などで戦線に投入された。また一部の車台は自走 砲用として転用されており、PaK40対戦車砲やleFH18榴弾砲を搭載した自走砲として生まれ変わっている。
 余談ではあるがフランスの武器製造メーカーであるオチキス社は文具の『ホッチキス』を開発したメー カーとしても有名である。ホッチキスの針を装填する方法は重機関銃の給弾方法を参考にしていると言わ れている(ホッチキスはオチキスの英語読みで、フランス語では頭文字のHを発音しないためオチキスと 読むのである)。

スペックデータ(H39軽戦車)
全長 4.22m全高 1.85m
全幅 2.14m重量12.0トン
最高速度36km/h行動距離150km
発動機オチキス 1938年型水冷直列6気筒ガソリンエンジン 120馬力×1基
乗員数2名総生産数1,000両以上(全モデル計)
武装SA38 37mm戦車砲×1、M31 7.5mm機銃×1
最大装甲厚(上面)12mm〜(前面)45mm
派生改良型 H35:1935年型。最初の生産型。1935年型エンジンと短砲身37mm砲を装備
H38:1938年型。出力強化型。H35に1938年型エンジンを搭載したモデル
H39:1939年型。火力強化型。H38に長砲身37mm砲を搭載したモデル
PzKpfw 39H 735(f):ドイツに鹵獲された後の鹵獲兵器名称
鹵獲後、自走砲車台に利用された車両(PaK40 auf Gw 39H や leFH18 auf Gw 39Hなど)もある