巡航戦車ラム

Cruiser Tank Ram

カナダ陸軍 1941年

Ram
6ポンド砲搭載の巡航戦車ラムII(初期型)

 英連邦の一員であり北米大陸に広大な領地を持つカナダだったが、第二次大戦前に保有していた 戦車はわずか数十両で、しかも全て英国からの輸入車のみだった。ところが大戦が勃発し英国での 戦車製造が供給に追いつかなくなったため、1940年カナダに対して バレンタイン歩兵戦車の生産が 依託されたのである。それまで戦車製造の経験がなかったカナダ重工業界であったが、バレンタイ ン戦車の生産により戦車製造の下地が出来た。
 1940年になってカナダ陸軍は2個機甲師団の新設を決定、そのため数百両の戦車調達が必要 になったのだが、いままでの戦車供給元である英国は戦争の真っ最中で製造能力が追いついていな い状態だったため輸入は不可能であった。当時米国が開発していた M3中戦車もあったが、これも主 砲が限定旋回式だったためカナダ陸軍の要望に合わず輸入は見送られた。
 そこで翌41年に国産巡航戦車の開発計画がスタート、M3中戦車の車台に全周旋回式砲塔を装 備した車両として設計が開始された。当初は6ポンド砲の搭載が予定されていたが、英国巡航戦車 が2ポンド砲全盛だったため、弾薬の共通化から2ポンド砲を搭載するよう途中で設計変更された (砲塔は6ポンド砲サイズのままであり、後に6ポンド砲が入手できれば換装可能なようになって いたが)。ただしカナダには鋳造砲塔を製造できるノウハウも工場も無かったため、砲塔は米国内 の工場に製造を依託していた。
 2ポンド砲搭載のラム(雄羊の意)巡航戦車は41年6月から量産が開始されたが、すぐに6ポ ンド砲搭載のラムIIに生産が切り換えられている。まだ英国では2ポンド砲が主力だったし、米国 も限定旋回式のM3中戦車がようやく量産体制に入ったばかりだったので、全周旋回式砲塔に強力 な6ポンド砲を搭載する当戦車は当時の英米で一番強力な戦車とも言えるであろう。
 欧州戦線へ派兵されるカナダ軍の主力戦車としては使用されなかったものの、本国内の訓練任務 には重宝された。だが大戦中期になると旧式化し、 米国製M4中戦車の供給もあったた め1943年7月に生産は終了した。

スペックデータ(ラムII)
全長 5.79m全高 2.67m
全幅 2.87m重量29.0トン
最高速度40km/h行動距離230km
発動機コンチネンタルR975-EC2空冷星形9気筒ガソリンエンジン 400馬力×1基
乗員数5名総生産数1,949両(1,144両説もある)
武装6ポンド戦車砲×1、7.7mm機銃×3
最大装甲厚(上面)25mm〜(前面)87mm
派生改良型 Ram I:2pdr砲搭載の初期生産型。ごく少数が生産されたのみ
Ram II(初期型):6pdr砲を搭載したモデル。車体左側の銃塔は残されている
Ram II(後期型):車体左側の銃塔を廃止した主要生産型。砲塔側面の覗視孔も廃止
Ram ARV Mk.I:戦車回収車型。車体後部に大型工具箱を装備。砲はダミーを搭載
Ram II指揮観測車:無線装備を充実した指揮車両。砲はダミーを搭載。唯一の実戦参加車両