ユーロコプター タイガー

TIGER , Eurocopter

Tiger
ドイツ陸軍所属のタイガーUHT

 仏アエロスパシアル社と独MBB社が協同で開発した攻撃ヘリコプター。現在は両社により設立された ユーロコプター社が生産を担当している。
 1984年の協同開発計画合意から始まった両国の双発攻撃ヘリコプター開発であったが、装備品や価 格の高騰化により作業は遅れ、原型1号機が完成したのは1991年のことであった。しかも運の悪いこ とに完成式典は湾岸戦争のため中止されている。
 スタイルはオーソドックスな縦列複座(タンデム)型式であるが、機体構造は複合素材を大量に使い軽 量化されており、ローターハブも部品を極力少なくして運動性・耐久性を高めている。複合素材製のロー ター翼は通常使用時においてのみだが耐用年数を無限に設定しているほど頑丈な物である。
 エンジンはMTU/ロールスロイス/チュルボメカの協同開発によるMTR390エンジンを2基搭載 しており、片方が停止した場合は残り1基の緊急出力発揮による飛行が可能となっている。また被弾して 潤滑油が流れ出した場合でも30分の飛行が保証されている。
 フランス軍向けは支援攻撃任務に特化したHAPと対戦車攻撃に特化したHACの二種類を別々に製作 しており、HAPは機首部に30ミリチェーンガンを搭載していることで見分けがつく。またドイツ軍向 けのUHTと仏軍のHACにはローターマスト上にセンサーポッドが搭載されており、被発見率を下げる のに役立っている(HAPは操縦席上部に照準センサー部がある)。
 1999年からようやく量産が開始され、仏・独両国でそれぞれ200機以上の調達が予定されており、 量産型の引き渡しは2002年からとなっている。

機体詳細データ(タイガーUHT)
寸法(L×W×H/ロータ径)15.8×不明×3.81m / 13.0m
(全長はロータ含む、胴体のみ全長は14.08m。全幅はデータ無し)
機体重量(自重/全備)3,300kg / 5,925〜6,000kg
飛行速度(最大/巡航)298km/h / 250〜280km/h
上昇率(海面上)642m/min
上昇限度(実用/限界)不明 / 地面効果外ホバリング限界 3,200〜3,500m
離着陸距離(離陸/着陸)−−−−−−−
航続距離800km
エンジンMTU/RR/チュルボメカ社製 MTR390ターボシャフト×2基
出力 1,285hp×2  機体内燃料搭載量 1,360リットル
武装胴体脇の短翼にATM×8、自衛用AAM×4、他に機関砲ポッドやロケット弾ポッドを搭載可能
乗員数/機体初飛行2名 / 1991年4月27日
備考(各タイプ詳細) TIGER:当機の愛称。シリーズを総称するときにも使用される呼称
UHT:ドイツ陸軍向け機体の呼称。対戦車攻撃/地上支援任務用
HAP:フランス陸軍向け機体の呼称。支援攻撃任務用
HAC:フランス陸軍向け機体の呼称。対戦車攻撃用
PAH-2:ドイツ軍向け機体の計画段階での呼称
LAST UPDATE 2001,05,20