ボーイング/川崎 H−46シーナイト/V107

H-46 SEA KNIGHT/V107 , Boeing/Kawasaki

UH-46
米国海軍所属のUH−46シーナイト

 パイアセッキ・ヘリコプターの流れを汲むバートル・エアクラフト社が設立直後の1956年に設計を 開始した双ロータヘリコプター。客室内の騒音軽減と面積拡大のためエンジンを胴体後端上方に取り付け、 貨物積み込みが容易なように後部に傾斜板式の扉を付けたスタイルとなっている。胴体は密閉できるよう になっているため、当機は陸上・水上を問わず運用できるようになっている。
 バートルモデル107と名付けられた当機に最初に目を付けたのは米国陸軍で、1958年7月にYH C−1Aの名で発注契約を行った。また出力強化型モデル107−IIも米国海兵隊の審査の結果HRB− 1シーナイトとして1961年に採用されている。米軍での呼称は後にH−46で統合された。
 バートル社がボーイング社のヘリコプター部門として吸収された後も当機の製造は続けられ、カナダや スウェーデンなどにも輸出されている。また1965年に川崎重工が当機の生産販売ライセンスを取得し ており、川崎が生産した機体は自衛隊をはじめスウェーデンやサウジアラビアなどに導入されている。
(2009/11/5追記) 航空自衛隊が運用していたV−107の最後の機体が2009年11月 3日の飛行を最後に退役した。海上および陸上自衛隊が運用していた機体はすでに退役済みのため、この 日をもって自衛隊のバートルは全機退役完了となってしまった。

機体詳細データ(KV107/IIA−2)
寸法(L×W×H/ロータ径)25.40×2.21×5.09m / 各15.24m
(全長はロータ含む。胴体のみの全長13.66m。胴体幅はキャビン部寸法)
機体重量(自重/全備)5,251kg / 9,700kg
飛行速度(最大/巡航)254km/h / 241km/h
上昇率(海面上)不明
上昇限度(実用/限界)5,180m / 地面効果内ホバリング限界3,350m
離着陸距離(離陸/着陸)−−−−−−−
航続距離1,100km(増槽使用)
エンジンジェネラルエレクトリック社製 CT58−140−1ターボシャフト×2基または
石川島播磨製 CT58−IHI−101−1ターボシャフト×2基
出力 1,400hp×2
武装武装なし。自衛・制圧用小火器を機内に搭載可能
乗員数/機体初飛行3名+兵員25名 / 1958年4月22日(モデル107原型)
備考(各タイプ詳細) 【ボーイング・バートル社製造】
Model 107:原型機の社内呼称
YHC-1A:米陸軍における初期の呼称。モデル107準拠。調達数はごく少数
Model 107-II:T58エンジンを搭載した出力強化型
HRB-1:米海兵隊における初期の呼称。モデル107−II準拠
CH-46A:米軍統一呼称に変更された後のHRB−1の呼称
CH-46D:CH−46Aのエンジン出力を強化したモデル
CH-46E:エンジン出力強化・近代化改修を施したモデル
CH-46F:CH−46Dに電子機器を追加装備したモデル
UH-46A:米海軍向けの汎用輸送型。CH−46A準拠
UH-46D:米海軍向けの汎用輸送型。CH−46D準拠
CH-113:カナダ向けモデル。CH−46A準拠。愛称は「ラブラドル」
CH-113A:カナダ向けCH−113の改良型。愛称は「ボワヤジュール」
HKP-4:スウェーデン向けモデル。モデル107−II相当
【川崎重工製造】
KV-107/II-2:操縦士2+客室乗務員1+客席35の旅客輸送型
KV-107/IIA-2:KV−107/II−2の改良型
KV-107/II-3:海上自衛隊向け機雷対策型の呼称。自衛隊愛称は「しらさぎ」
KV-107/II-4:陸上自衛隊向け貨物輸送型の呼称
KV-107/II-5:航空自衛隊向け捜索救難型の呼称。スウェーデンにも輸出
KV-107/II-7:客席6〜11の要人輸送型
KV-107/II-17:警視庁が導入した長距離輸送型
KV-107/II-SM-1:サウジアラビア向けの消防用機
KV-107/IIA-SM-1:サウジアラビア向けの病院・捜索救難機
LAST UPDATE 2009,11,05