アエロスパシアル SA341/342ガゼル

SA341/342 GAZZLE ,Aerospatiale(ex Eurocopter)

Gazzle
モロッコ憲兵隊所属のSA342Kガゼル

 シュド・アビアシオン社(アエロスパシアル社の前身)が自社製ヘリコプターのアルエットIIの後継機 として1960年代中頃から開発を開始した機体。高速・長航続距離を狙って設計された機体はチュルボ メカ社の新型ターボシャフトエンジンの提供により完成した。
 開発段階で個々の部品について実験を繰り返し優秀な機体を目指していたが、全体として組み上げたと きに調和がとれず部隊への制式配備は遅れることとなった。しかし改良された機体は1973年にフラン ス陸軍が採用したほか、英国3軍をはじめ中東やアフリカ諸国へ採用され、民間型を含めて1250機以 上のセールスを記録する機体となったのである。
 英国やエジプト、ユーゴスラビアではライセンス生産も行われており、ユーゴスラビア軍は当機に旧ソ ビエト製AT−3サガー対戦車ミサイルやSA−7グレイル対空ミサイルを搭載して運用を行っている。
 余談ではあるが映画「ブルーサンダー」に出てくる近未来ヘリブルーサンダーは当機民間型をベースに 改造した機体が使われているので、ビデオ等を見る機会があったら当機の面影を探してみると面白い。

機体詳細データ(SA342M)
寸法(L×W×H/ロータ径)11.97×2.02×3.19m / 10.50m
(全長は胴体のみの寸法、全幅は左右降着装置の幅)
機体重量(自重/全備)991kg / 1,900kg
飛行速度(最大/巡航)260km(海面高度)
上昇率(海面上)468m/min
上昇限度(実用/限界)4,100m / ホバリング限界3,050m
離着陸距離(離陸/着陸)−−−−−−−
航続距離760km(最適高度での最大)
エンジンチュルボメカ社製 アスタズー14Mターボシャフト×1基
出力 858hp  機体内燃料搭載量 425リットル
武装胴体両側面のパイロンにHOT対戦車ミサイル×4、ロケットポッド×2、20mm機関砲ポッド×1などを搭載可能
乗員数/機体初飛行乗員2名+同乗3名 / 1967年4月7日(原型SA340)
備考(各タイプ詳細) SA340:原型機。社内呼称X−300(2機製作)
SA341:キャビンを拡大、アスタズーIIIエンジンを搭載した生産前機(4機製作)
SA341B:英国陸軍向けの機体。英国での呼称はGAZZLE AH.Mk1(212機製作)
SA341C:英国海軍向けの機体。英国での呼称はGAZZLE HT.Mk2(40機製作)
SA341D:英国空軍向けの機体。英国での呼称はGAZZLE HT.Mk3(29機製作)
SA341E:英国空軍向けの機体。英国での呼称はGAZZLE HCC.Mk4(1機製作)
SA341F:フランス陸軍向けの機体(170機製作)
SA341F/Cannon:341Fに20mm機関砲を搭載した支援機型(62機改修)
SA341M:341FにHOT対戦車ミサイル搭載機能を付与したもの(40機改修)
SA341G:最初の民間型モデル
SA341H:最初の軍用輸出モデル
SA342J:アスタズー14エンジンを搭載した出力向上型民間モデル
SA342K:出力向上型軍用輸出モデル
SA342L:342Kの尾部ファン(フェネストロン)を改良した軍用輸出モデル
SA342M:342LにHOTミサイル搭載機能を付与したフランス陸軍向けモデル
LAST UPDATE 2000,12,05