富士 T−5

T-5 , Fuji

T-5
海上自衛隊所属のT−5練習機(Copyright JMSDF)

 海上自衛隊はパイロットを養成するために 富士KM−2を長年使用していたが、 第一線で使用する機体がレシプロエンジンからターボプロップへと移行しつつあった状況を鑑み、操縦士訓練の 初期段階からターボプロップエンジン独特のレスポンスへ慣れておく必要があると考えるようになっていた。ま た使用燃料の統一という効率性の問題もあったため、KM−2の後継機はターボプロップエンジン装備とするこ とにした。各国とも考えることは同じようで米軍も T−34メンター練習機をターボプ ロップ化した経緯がある。
 機体はT−34やKM−2とほぼ同じもので並列複座配置・補助席付きの4座とされている。縦列複座モデル KM−2Bを使用している航空自衛隊とは異なり海上自衛隊で運用される固定翼機は大型機ばかりで、戦闘機パ イロットを養成する航空自衛隊とは要求される能力が異なるため並列座席となっている。視界を広く取るための 大型キャノピーや安定性を高めるために若干の後退角が付いた主翼などのおかげでこれまでの機体に比べ格段に 操縦しやすい機体となっている。
 使用しているエンジンはアリソン社製のアリソン250エンジンであるが、これはT−34Cが使用している P&Wカナダ社製PT6に比べて軽量低燃費である。なお、このエンジンは定格出力420馬力であるが訓練学 生が誤った操作を行ったときのオーバートルクを防ぐため350馬力に出力を押さえてある。

機体詳細データ(T−5)
寸法(L×W×H/翼面積)8.44×10.04×2.96m / 16.50m2
機体重量(自重/全備)1,082kg / 1,585kg(A類)、1,805kg(U類)
飛行速度(最大/巡航)380km/h / 287km/h
上昇率(海面上)555m/min
上昇限度(実用)7,620m
離着陸距離(離陸/着陸)385m / 480m
航続距離945km
エンジンアリソン社製 250−B17Dターボプロップ×1基
出力 350hp  機体内燃料搭載量 380リットル
武装武装なし
乗員数/機体初飛行2名(後部座席に+2名) / 1988年4月27日
備考(各タイプ詳細) T-5:海上自衛隊での名称。曲技飛行時はA類、汎用飛行時はU類と分類される
LAST UPDATE 2001,04,25