アエルマッキ M.B.339

M.B.339 ,Aermacchi

M.B.339
M.B.339練習機の原型2号機

 イタリアの航空機メーカー、アエロナウティカ・マッキ(略してアエルマッキと呼ばれる)社は第1次大戦の ころから続く老舗メーカーで現在も航空機の製造を続けている。
 イタリア空軍が アエリタリアG91Tの後継機とし てアエルマッキ社と研究開発した9種類の機体のうち単座軽攻撃機 M.B.326Kの機体設計の流 れを汲むものが採用されM.B.339として製造されることとなった。
 練習機用として複座に改設計された操縦席は後部教官座席が高い位置にあり教官の視認性が高められているほ か、各種武装を搭載でき近接支援攻撃機としての使用も可能となっている。また軽快な運動性能を誇り、イタリ ア空軍の曲技飛行隊「フレッチェ・トリコローリ」も1982年から当機を採用している。
 BAeホークダッソー/ドルニエ・アルファジェット ほど洗練された機体とは言い難いかもしれないが、安い製造コストと高い実用性を持つ機体としてアルゼンチン やペルーを初めとした海外への売り込みにも成功している。

機体詳細データ(M.B.339A)
寸法(L×W×H/翼面積)10.97×10.86×3.99m / 19.30m2(全幅は翼端増設燃料タンク込み)
機体重量(自重/全備)3,215kg / 5,895kg
飛行速度(最大)971km/h(機体限界)、898km/h(高度9,150m)
上昇率(海面上)2,010m/min
上昇限度(実用/限界)14,630m
離着陸距離(離陸/着陸)不明
航続距離1,760km(機体内燃料のみ)、2,110km(増槽使用時)
エンジンピアッジョ社製ロールスロイス・バイパー623−43ターボジェット×1基
推力1,814kg×1。機体内燃料容量1,413リットル
武装翼下6箇所に30mm砲または7.62mm多銃身機関銃内蔵のポッド、爆弾、ナパーム爆弾、ロケット弾ポッド、As11またはAS12空対空ミサイル、偵察ポッド等を搭載可能。(最大搭載量1,815kg)
乗員数/機体初飛行2名 / 1976年8月12日(原型1号機)
備考(各タイプ詳細) M.B.339:原型機(2機製作)
M.B.339A:主要生産型。複座練習/攻撃機(伊105機:PAN型含む、輸出62機)
M.B.339AM:対艦攻撃機として計画された機体。1機のみ製作
M.B.339PAN:伊空軍曲技飛行隊「フレッチェ・トリコローリ」の専用機体。ベースはA型
M.B.339B:エンジンと翼端タンクを大型化した計画機。1機のみ製作
M.B.339K:単座軽攻撃機型の計画機。1機のみ製作
M.B.330C:エンジン強化、最新電子装備などを施した改良型
M.B.330CB:ニュージーランド向けのC型呼称(18機)
M.B.339CD:C型にデジタルデータバスなどを追加装備した機体(15機)
M.B.339FD:エリトリア向けのCD型呼称(6機)
M.B.339C発展型:ロッキードと提携して計画された米軍向け練習機。採用されず
LAST UPDATE 2000,11,22(FirstUp 2000,01,02)