IAI 201/202アラバ

201/202 ARAVA , Israel Aircraft Industries

201 Arava
納入前に飛行試験中(民間登録記号が付いている)のエクアドル空軍が発注した201アラバ

 イスラエル建国直後の1950年に設立されたベデク・エアクラフト社は1960年にIAI(イスラエル・ エアクラフト・インダストリー)社と改称した。当機は1966年からIAIが開発を開始したSTOL(短距 離離着陸)輸送機である。
 最初は民間向けの貨物コミューター機として開発を開始、支柱付きの高翼単葉に円断面を持つ主胴体、エンジ ン室から後尾へ延びた尾翼支持梁、3車輪式の固定脚というスタイルをした機体は1972年に完成、初飛行を 実施した。
 民間向けに開発された101型は量産されず少数機が米国へ売却されたにとどまったが、軍用に改良(エンジ ン強化、空挺用側面ドアの設置、胴体脇への武装パック取り付けなど)された201型はイスラエル軍をはじめ 中南米諸国へ採用されている。1976年には胴体を延長し搭載能力を増加させ、翼端ウィングレットや搭載燃 料増加により航続距離を伸ばした202型も完成し、イスラエル軍とベネズエラへ納入されている。
 100機程度が生産された当機であるが大半は軍用モデルである。

機体詳細データ(201アラバ)
寸法(L×W×H/翼面積)13.03×20.96×5.21m / 43.68m2
機体重量(自重/全備)3,999kg / 6,803kg
飛行速度(最大/巡航)326km/h / 320km/h(最大巡航) 
上昇率(海面上)393m/min
上昇限度(実用)7,620m
離着陸距離(離陸/着陸)465m / 460m
航続距離280km(最大荷重)、1,200km(空輸時)
エンジンプラット&ホイットニーカナダ社製 PT6A−34ターボプロップ×2基
出力 750hp×2  機体内燃料搭載量 1,503リットル
武装武装なし。内部最大積載量2,350kg
乗員数/機体初飛行乗員2+乗客24名 / 1972年3月7日
備考(各タイプ詳細) IAI 201:最初の軍用型生産モデル。兵員24名(落下傘兵16名)搭載可能
IAI 202:201型に胴体延長、燃料増大などの改良を加えたモデル
IAI 101:最初に生産された民間用輸送機。量産されず
IAI 101B:米国へ貨物コミューター機として販売された機体
IAI 102:民間用旅客貨物兼用機モデル。多用途な目的に使用可能
LAST UPDATE 2001,05,12