ショート ベルファスト

BELFAST , Short

Belfast
ベルファストC.MkI1号機

 第二次大戦までは飛行艇メーカーとして数々の名機を生み出してきたショート社だったが、第二次大戦の 終結と共に飛行艇の市場は縮小の一途をたどり陸上汎用輸送機メーカーへの方針転換を余儀なくされること になった。そこで1959年にショートSC5の名称で大型汎用輸送機の設計を開始し市場への足がかりに することにした。
 円形断面の与圧胴体を持つ高翼単葉機で、貨物室は英軍最大の誘導ミサイルや大砲・車両などを余裕で 搭載できる容積を持っており、兵員であれば150名(空挺兵)〜250名(通常兵士)もの兵員輸送が可 能な機体として完成した当機は英国空軍にベルファストC.MkIの名前で採用され、1966年から部隊 配備が開始された。当時英空軍が保有する最大の機体であった。
 しかし、民間市場では航空業者の興味を得ることが出来ず、結局軍用に製作された10機のみで生産は 終了してしまっている。1970年代後半に英軍は長距離輸送機に必要性を感じなくなったため、当機も退 役が決定、5機は民間航空会社TACヘビーリフト(現ヘビーリフトカーゴエアラインズ)に売却されたが、 残り4機は廃棄が決定、1機は博物館展示となった。TAC社に買い取られた機体は1982年のフォークラン ド紛争の際に軍に借り上げられ有効に働いた。

機体詳細データ(ベルファストC.MkI)
寸法(L×W×H/翼面積)41.58×48.40×14.33m / 229.09m2
機体重量(自重/全備)57,610kg / 104,330kg
飛行速度(最大/巡航)566km/h(最大巡航速度)
上昇率(海面上)不明
上昇限度(実用)9,100m
離着陸距離(離陸/着陸)不明
航続距離1,600km(最大荷重、予備燃料使用)
エンジンロールスロイス社製 タインRTy12ターボプロップ×4基
出力 5,730hp×4
武装武装なし
乗員数/機体初飛行乗員4〜5+兵員250名 / 1964年1月5日
備考(各タイプ詳細) BELFAST C.Mk1:英国空軍での制式名称(10機)
LAST UPDATE 2001,05,13