アントノフ An−72”コーラー”

An-72 "COALER" , Antonov

An-72
ロシア空軍所属のAn−72A”コーラーC”

 旧ソビエト最初のSTOL(短距離離着陸)ジェット輸送機として開発された機体。主翼上にエンジンを設置、 ジェット排気流を翼上面に沿わせて流し揚力を高めるコアンダ効果を応用したUSB(Upper Surface Blowing) 方式を使いSTOL性を高めている。このUSB方式は米国でも研究され、ボーイングYC−14という試験試作 機も製作されたが実用量産化したのはソビエトが最初であった。
 また、エンジンを主翼上という高い位置に設置することから、地上の異物(砂利や雪など)を吸入することも防 げるため前線や極地拠点などの不整地滑走路運用にも有利であることは言うまでもない。
 1977年に原型機が初飛行し、数機の前期生産型がキエフの工場で製作され各種運用試験が実施された後、 1984年に主翼や胴体を延長した量産型機(An−72A)がハリコフで生産開始され、現在も年20機ほどの ペースで生産が続けられている。現在までにAn−72/74シリーズ総計で160機ほどが生産され、ロシア空 軍をはじめ、ウクライナ空軍・カザフスタンでも使用されている。また、輸出先としてペルー空軍にもごく少数機 が導入されている。
 民間用An−74は元々極地(高緯度遠隔地)への輸送用として整備された機体のため、全天候運用に耐えうる 装備を備えている。この機体は大半がアエロフロート航空において運用されている。
 また海洋偵察型としてAn−76(別名An−72P)も開発されており、この機体には23mm機関砲や爆弾、 ロケット弾などを搭載することができる。1992年のファーンボロ航空ショーで初めて公開されたAn−76は 少数機がウクライナ海軍航空隊で使用されているようだ。

機体詳細データ(An−72A”コーラーC”)
寸法(L×W×H/翼面積)28.07×31.89×8.75m / 98.53m2
機体重量(自重/全備)21,820kg / 34,500kg
飛行速度(最大/巡航)700km/h / 550km/h
上昇率(海面上)不明
上昇限度(実用/限界)10,000m
離着陸距離(離陸/着陸)1,400〜2,200m(運用に必要とされる滑走路距離)
航続距離1,150km(最大有償荷重)、4,200km(有償荷重1.5t)
エンジンプログレス(旧ロタリョフ設計局)製 D−36ターボファン×2基
推力 6,500kg×2
武装武装なし。最大貨物搭載量10,000kg
乗員数/機体初飛行乗員2+兵員32名 / 1977年12月22日
備考(各タイプ詳細) 【"COALER〜"はNATOによる分類です】
An-72 "COALER A":原型機を含む前期生産型機。各種運用試験に使用
An-72A "COALER C":量産型軍用輸送機。原型に比べ主翼幅や胴体が延長された
An-72AT "COALER C":貨物輸送専用とした軍用輸送機型
An-72S "COALER C":要人(VIP)輸送用に内装を改装した機体
An-74 "COALER B":量産型民間貨物輸送機。全天候運用支援装備を充実
An-74 SALON:”コーラーB”をベースにしたビジネスジェット機
An-74-200:有償荷重を軍用機と同じ10tにアップした貨物専用機
An-74T-200:貨物室床面にローラーシステムを搭載し乗員省力化を図った機体
An-74TK-200:貨客転換型。貨物室に座席52席を設けて旅客機としても使用可
An-74T-100:An-74T-200に航法士席を設けた機体。同様にAn-74TK-100も存在
An-76:別名An−72P。23mm機関砲や爆弾などの武装を施した洋上監視機
An-74TK-300:エンジン出力を高めた改良型
LAST UPDATE 2001,04,21