グラマン EA−6Bプラウラー

EA-6B PROWLER , Grumman(ex Northrop Grumman)

EA-6B
米海兵隊VMAQ−2所属のEA−6Bプラウラー

 米国海軍航空母艦に搭載される電子妨害作戦機。 A−6イントルーダー艦上攻撃 機を改修したEA−6Aが元となっているが、搭載される電子機器の能力などは格段に進歩している。
 敵のミサイルを探知識別し、敵の感知能力を混乱させる対応能力を持った当機は各航空母艦に4機ず つが配備されており、米海軍の航空攻撃部隊の中心となっている。また米海兵隊も1970年代後半か ら当機の調達を開始している。
 1960年代末に初飛行した機体は、電子機器の発達により数々の改良を加えられており、現在もI CAP2(改良能力2)のブロック89Aへ改修が進行中である。さらに即応型ジャミング能力の付加 や新しい操縦系統への改良を盛り込んだICAP3への改修もノースロップグラマン社が受注済みであ る。なお、当初は電子妨害機として開発された当機も1986年からHARM対レーダーミサイルを搭 載することで攻撃能力を持つことが可能となり、湾岸戦争などでは単機で米空軍の F−4Gワイルドウィーゼル機EF−111レイブンの任務を併せ 持った活躍を示すことが出来ている。

機体詳細データ(EA−6B・ICAP2)
寸法(L×W×H/翼面積)18.24×16.15×4.95m / 49.13m2
機体重量(自重/全備)14,600kg / 29,500kg
飛行速度(最大/巡航)980km/h / 770km/h
上昇率(海面上)3,000m/min
上昇限度(実用)11,600m
離着陸距離(離陸/着陸)810m / 不明
航続距離3,200km(空輸時)、1,770km(作戦時)
エンジンプラット&ホイットニー社製 J52−P−408ターボジェット×2基
推力 5,000kg×2  機体内燃料搭載量 7,000kg
武装固定武装なし、翼下および胴体下に戦術妨害システムポッド×3〜5、AGM−88ハーム対レーダーミサイル×2、増加燃料タンク×2
乗員数/機体初飛行乗員1名+操作員3名 / 1968年5月25日(EA−6B原型)
備考(各タイプ詳細) 【全タイプとも機名はEA−6Bである】
原型機:A−6Aを改修した機体。胴体延長や垂直尾翼増大などの改修(3機)
生産前機:公式試験・審査用に製作された機体(5機)
STANDARD型:初期生産モデル。1976年に全機退役(23機)
EXCAP型:拡張能力型。対応周波数帯の拡大など。1984年退役(25機)
ICAP1型:改良能力1型。妨害能力強化型。スタンダード型改修21機と新造45機
ICAP2型:改良能力2型。現行生産型。さらに妨害能力を強化
ICAP3型:改良能力3型。ADVCAP型とも呼ばれる次世代改良型。今後の生産型となる
LAST UPDATE 2001,02,12