ボーイング B−50

B-50 , Boeing

B-50
米国空軍所属のB−50D

 米陸軍が太平洋戦争末期に実戦投入した戦略爆撃機 ボーイングB−29は 日本を完膚無きまでに叩きのめし、連合国軍を勝利へと導いた。だが兵器という物は常に性能向上を目指すも のであり、このB−29も例外ではない。
 1945年にボーイング社はB−29の能力増大を目指して、標準型B−29Aの改修を開始した。この 改修型原型に対して米陸軍航空隊は暫定的にB−29Dの名称を与えた。またB−29により大きい荷重 搭載能力を備えるため、B−29に搭載していたライトR−3350エンジン(2,200馬力)よりも 出力の大きいP&WワスプメジャーR−4360エンジンを搭載したB−29改修機もXB−44の名で 飛行試験が開始された。
 これら改修機の試験結果による改設計を加えられ、新素材により軽量化された胴体を持つB−29Dを 米陸軍航空隊は200機発注したが、太平洋戦争終戦により発注は60機にまで削減された。この新型B −29Dはエンジンや機体設計に大幅の変更があったため、新たにB−50と呼ばれるようになった。
 B−50は爆撃機としての寿命こそ短かったものの、空中給油機や偵察機として改修された機体は19 60年代まで現役として生き残こり、ベトナム戦争を最後に退役した。

機体詳細データ(B−50A)
寸法(L×W×H/翼面積)30.18×43.05×9.96m / 161.55m2
機体重量(自重/全備)36,764kg / 76,389kg
飛行速度(最大/巡航)620km/h / 378km/h
上昇率(海面上)不明
上昇限度(実用)11,280m
離着陸距離(離陸/着陸)不明
航続距離7,483km
エンジンプラット&ホイットニー社製 R−4360−35ピストンエンジン×4基
出力 3,500hp×4
武装12.7mm機銃×12、20mm機関砲×1、胴体内に9,072kgまでの爆弾
乗員数/機体初飛行10名 / 1947年6月25日(生産1号機)
備考(各タイプ詳細) B-29D:米陸軍航空隊による当初の機体呼称(原型含む)
XB-44:P&W R−4360エンジン試験用に改修されたB−29の名称
B-50A:最初の生産型(59機製作)
B-50B:離陸重量を増大させた改良型(45機製作)
YB-50C:R−4360−51エンジン搭載用に改造されたB−50A。完成せず
B-50D:一体成型の機首と翼端燃料タンクを持つ主要生産型(222機製作)
TB-50AB−36操縦士訓練用に改修されたB−50A(11機改修)
RB-50B:写真偵察用に改修されたB−50Bの呼称
EB-50B:胴体内に写真・電子偵察用機器と操作員席を追加したB型(44機改修)
DB-50D:GAM63ミサイル母機に改修されたB−50D(1機改修)
TB-50D:B−36操縦士訓練用に改修されたB−50D(11機改修)
WB-50D:気象偵察用に改修されたB−50Dの呼称
RB-50E:特殊写真偵察用に改修されたRB−50Bの呼称(1機改修)
RB-50F:短距離レーダーを搭載した特殊任務用RB−50Bの呼称(14機改修)
RB-50G:D型の機首を持つRB−50F準拠機の呼称。RB−50B改修(15機改修)
TB-50HB−47操縦士訓練用に改設計された機体(24機製作)
KB-50J:3点給油システムと追加ジェットエンジンを持つ給油機改修型(112機改修)
KB-50K:TB−50HをKB−50J準拠に改修した給油機型
LAST UPDATE 2001,02,16