AMXインターナショナル AMX

AMX , AMX International

AMX
ブラジル空軍所属のAMX(A−1)

 イタリアの航空機メーカーであるアエルマッキとアエリタリア(現アレニア)、それにブラジルの エンブラエル社が協同で開発した対地・対艦攻撃機。3社共同により設立されたAMXインターナシ ョナル社が開発指揮をとっている。
 イタリア及びブラジル空軍で使用するために計画された機体のため、沿岸(特に地中海沿岸)にお ける攻撃任務を主眼に置いており、ミサイルによる対艦攻撃、近接支援、航空阻止、自衛のための対 空戦闘までを考慮に入れたオールマイティーな機体となっている。
 大型前縁スラットや二重隙間フラップを装備したスーパークリティカル翼型の主翼によりSTOL 性を高め、いささか旧式ながら安定感のあるRR製スペイエンジンを搭載し小型・安価なものを狙っ て作られている機体だが、ホークアルファジェットよりも一回り 大型なだけの機体に倍近い推力のエンジンを搭載したのは、やはり攻撃任務に重点を置いたからであ ろう。
 当初はイタリア・ブラジルあわせて266機の調達が予定されていたが、冷戦構造の終結などで 規模は縮小され、現在196機で調達終了が予定されている。

機体詳細データ(AMX)
寸法(L×W×H/翼面積)13.57×8.88×4.58m / 21.0m2
機体重量(自重/全備)6,730kg / 9,700〜13,000kg
飛行速度(最大/巡航)M0.95 / M0.77
上昇率(海面上)不明
上昇限度(実用/限界)不明
離着陸距離(離陸/着陸)915m / 不明
航続距離3,330km(空輸時:増槽使用)
エンジンロールスロイス社製 スペイMk804ターボファン×1基
推力 5,000kg  機体内燃料搭載量 2,790kg
武装20mmM61バルカン砲×1、翼端に自衛用AAM×2、翼下4および胴体下1の武装搭載点に3,800kgまでの兵装搭載可能
乗員数/機体初飛行1名(単座)、2名(複座) / 1984年5月15日
備考(各タイプ詳細) AMX:単座攻撃機型の呼称
AMX-T:複座練習機型の呼称。機種転換・兵装訓練に使用
A-1:ブラジル空軍でのAMXの呼称
A-1T:ブラジル空軍でのAMX−Tの呼称
LAST UPDATE 2001,05,13