ヤコブレフ Yak−38”フォージャー”

Yak-38 "FORGER" ,Yakovlev

Yak38
旧ソビエト海軍空母「キエフ」搭載のYak−38”フォージャーA”

 英国の「ハリアー」に 続き、世界で2番目に実用化された垂直離着陸が可能な戦闘機。ただし「ハリアー」が推力偏向ノズルを 使うことにより垂直離着陸を実現しているのとは異なり、推進用と離陸用のエンジンは別々の物を搭載す ることで垂直離着陸を行うようになっている。
 ソビエト海軍が艦上機として運用するために設計された機体で、ソビエトの航空機搭載対潜巡洋艦「キ エフ」級で運用された。
 垂直離着陸を実現するためにエンジンを3基も搭載しており、「ハリアー」と比べて効率が悪く機体重 量が増加すると飛行に支障があるため武装搭載量も低めである。また搭載されるレーダーも能力が低く、 防空用・攻撃用どちらに使用するにしても中途半端な機体である。
 現在のロシア海軍では母艦である「キエフ」級がほとんど運行不可能な状態であるため、当機も第一線 では使用されていない。
 NATOコードは"フォージャー"(偽造者)と命名されている。

機体詳細データ(Yak38)
寸法(L×W×H/翼面積)15.50×7.32×4.37m / 18.5m2
機体重量(自重/全備)7,390kg / 11,300kg
飛行速度(最大)1,150km/h
上昇率(海面上)4,500m/min
上昇限度(実用)12,000m
離着陸距離(離陸/着陸)−−−−−−−
航続距離680km(内部燃料のみ)
エンジン(推進用)ツマンスキー設計局製 R27V−300ターボジェット×1基。推力6,930kg
(上昇用)コリェソフ設計局製 RD−36−35−FVRターボジェット×2基。推力3,570kg×2
武装23mm機関砲ポッド×1、AA−8アフィッドAAM×2、機体外部に1,500kgまでの武装を搭載可能
乗員数/機体初飛行1名(単座型)、2名(複座型) / 1971年頃
備考(各タイプ詳細) 【"FREEHAND"/"FORGER〜"はNATOによる分類です】
Yak-36 "FREEHAND":60年代中頃に製作された試作VTOL機
Yak-38 "FORGER A":生産タイプ。製作機数は100機程度
Yak-38 "FORGER B":複座練習機型。武装なし
LAST UPDATE 2000,11,22(FirstUp 2000,01,23)