ヤコブレフ Yak−141”フリースタイル”

Yak-141 "FREESTYLE" , Yakovlev

Yak-141
デモンストレーション飛行中のYak−141

 旧ソビエト初(全世界では ハリアーに次いで 2番目)の垂直離着陸が可能な量産型戦闘機 Yak−38を 生み出したヤコブレフ設計局が開発した世界初の超音速垂直離着陸機。1989年3月に初飛行していたが、西 側関係者にその存在が公表されたのは1991年のパリ航空ショーでのことであった。
 Yak−38と同様に巡航用エンジンとリフト用エンジンを別々に搭載するタイプであるが、巡航用エンジン のノズルは水平方向から最大107度下方まで可動させることができ、VTOL時のリフト用としても使用でき るようになっている。また下方65度に向けた状態ならばかなりのSTO(短距離離陸)性も発揮できる。この 巡航用エンジンにはアフターバーナーが搭載されており、このおかげで超音速飛行が可能となった。
 機体形状としては操縦席後ろの胴体中央にリフトエンジンを搭載したYak−38と同様の形態をとっている が、巡航用エンジンノズル可動のため、機体後部は双胴形態となっている。搭載電子機器は MiG−29と同じ火器管制レー ダーを備えており、操縦系統は3重のデジタル・フライバイワイヤ方式である。
 旧ソビエト時代から開発予算の捻出が難しく計画は停滞気味であったし、1991年には試作機の1機が空母 「バクー」でのテスト中に墜落事故をおこしており、現在では開発計画は頓挫したと見られている。残された試 作機は技術デモンストレーターとして使用されているようだ。

機体詳細データ(Yak−141)
寸法(L×W×H/翼面積)18.3×10.1×5.0m / 不明
機体重量(自重/全備)不明 / 19,500kg(STOL時)
飛行速度(最大)M1.7(高空)
上昇率(海面上)不明
上昇限度(実用)15,000m
離着陸距離(離陸/着陸)−−−−−−−
航続距離1,400km(VTOL時)
エンジン(メイン)ツマンスキー設計局製 R−79ターボファン×1基 推力15,500kg(A/B)
(リフト)リビンスク製 RD41ターボジェット×2基 推力 4,000kg×2
武装30mm機関砲×1、翼下にAAM×2
乗員数/機体初飛行1名 / 1989年3月
備考(各タイプ詳細) Yak-141:当機の呼称。NATOコード”フリースタイル”
LAST UPDATE 2001,05,18