ミコヤン・グレビッチ MiG−31フォックスハウンド

MiG-31 "FOXHOUND" ,Mikoyan-Gurevich(ex MAPO)

MiG-31
旧ソビエト空軍対空防衛部隊所属のMiG−31

 旧ソビエト防空軍(PVO)が誇る超音速迎撃機 MiG−25改良型機。航続性能が 悪かったMiG−25の欠点を改良するため燃料効率の良いターボファンエンジンに換装し、フェイズドアレイ式 の新型レーダーを搭載した。また機体構造材にチタンやアルミなどの軽量素材を多用することで機体重量の軽減も 図られている。
 主翼前縁にフラップが追加され後縁フラップと共に空戦フラップとして機能することで機動性も向上しており、 捜索範囲の広いレーダーシステムと相まって、遠距離・近距離どちらもこなせる迎撃機として完成された。また感 知器の性能向上に伴って操縦士の負担が増すため、後部座席を追加し兵装システム士官(WSO)を搭乗させるこ とで操縦士は操縦に専念できるよう工夫されている。
 現在もロシア空軍にある程度の数が就役しているが、ロシア軍の士気低下や経済状況から考えるとどの程度の稼 働率であるか不明である。なお配備されている機体は電子装備を近代化した改良型MiG−31B(もしくは既存 機を同規格に改修したMiG−31BS)がメインとなっている。他に対レーダーミサイル搭載能力を持つ多用途 型MiG−31BMのテストも行われている模様だ。

機体詳細データ(MiG−31)
寸法(L×W×H/翼面積)22.69×13.46×6.15m / 61.6m2
機体重量(自重/全備)22,000kg / 41,000kg
飛行速度(最大/巡航)M2.83 / (高速巡航)M2.35、(経済巡航)M0.85
上昇率(海面上)10,000mまで7.9分
上昇限度(実用)20,600m
離着陸距離(離陸/着陸)1,200m / 800m
戦闘行動半径720km(高速巡航)、1,400km(増槽使用:経済巡航)
エンジンソロビヨフ設計局(現アビアドビゲーテル)製 D−30F6ターボファン×2基
推力 15,500kg×2(A/B)  機体内燃料搭載量 16,350kg
武装23mm機関砲×1(弾数260)、胴体下にAA−9対空ミサイル×4、翼下にAA−6対空ミサイル×2+AA−8対空ミサイル×4、増加燃料タンク×2など搭載可能
乗員数/機体初飛行2名 / 1975年9月16日(原型Ye−155MP)
備考(各タイプ詳細) Ye-155MP:原型機の呼称
MiG-31:最初の生産型呼称。NATOコードは”フォックスハウンド”
MiG-31M:エンジン出力強化や近代化改修を行った改良型。量産に至らず
MiG-31B:電子装備を近代化した改良型
MiG-31BS:初期生産型の電子装備をB型準拠に改修した機体
MiG-31BM:対レーダーミサイル搭載能力を付与した多用途型。現在テスト中
LAST UPDATE 2001,01,08