ミコヤン・グレビッチ MiG−21”フィッシュベッド”

MiG-21 "FISHBED" ,Mikoyan-Gurevich(ex MAPO)

MiG-21
フィンランド空軍所属のMiG−21bis

 1956年に旧ソビエトで開催された航空ショーで初公表された機体。ライセンス生産やコピーも含めて最 終的に13,000機以上が製造された旧東側陣営のベストセラー戦闘機で、最も多く生産されたマッハ2級 戦闘機でもある。
 形の整った三角翼と独立した水平尾翼を持つ当機はベトナム戦争をはじめ中東での紛争やインド・パキスタ ン戦争などで幅広く活用され、西側陣営のベストセラー戦闘機である F−4ファントムIIF−104スターファイターな どと死闘を演じた。
 基本的に格闘戦ではなくミサイルによる迎撃戦を主眼としているため操縦席からの視界は良くないが、当機 を導入したインド空軍の要望により胴体下に装着する機関砲ポッドが開発されたため、格闘戦もこなせるよう になっている。
 大量に生産された機体は旧東側諸国やソビエト寄りの中立国など50カ国以上が導入しており、現在も現役 で使用している国も少なくない。そのような国に対してMAPO(ミグ設計局の現在の社名)やエルビット社、 IAI社などが近代化改修プランの売り込みを行っている。

機体詳細データ(MiG−21bis)
寸法(L×W×H/翼面積)14.70×7.15×4.10m / 23.0m2
(全長はピトー管を除いたもの)
機体重量(自重/全備)5,820kg / 9,800kg
飛行速度(最大)M2.0(高度12,500m)、M1.06(海面高度)
上昇率(海面上)13,800m/min
上昇限度(実用)17,500m
離着陸距離(離陸/着陸)800m / 不明
航続距離1,800km(空輸時、増槽3個使用)、戦闘行動半径370km(兵装1t、H−L−H)
エンジンツマンスキー設計局製 R−25−300ターボジェット×1基
推力 7,100kg×1(A/B)  機体内燃料搭載量2,076kg
武装23mmGSh−23L機関砲×1(弾数200)、翼下にAA−2AAM×2+AA−8AAM×2、250kg通常爆弾×4、ロケットポッド×2など最大2,500kgの兵装搭載可能
乗員数/機体初飛行1名(単座)、2名(複座) / 1955年6月16日(原型機Ye−4)
備考(各タイプ詳細) 【"FISHBED〜"およびMONGOL〜"はNATOによる分類です】
Ye-4:原型機
MiG-21 "FISHBED B":生産前機。ツマンスキーR−11エンジン搭載
MiG-21F "FISHBED C":主要生産型。初期の機体は30mm機関砲装備
MiG-21PF "FISHBED D":第2の基本生産型。大型レーダーを搭載
MiG-21FL:PF型の輸出用。短距離離陸用の機構を省いている
MiG-21PFS:FL型同様の輸出用。SPS吹き出しフラップを装備
MiG-21PFM "FISHBED F":PF型とPFS型の改良点を盛り込んだ機体
MiG-21PFMA "FISHBED J":PFM型の改良型。多用途任務に使用可能
MiG-21R:PFMA型の偵察型
MiG-21M:インドがライセンス生産した機体。PFMA型に準ずる
MiG-21MF "FISHBED J":PFMA型のエンジン換装型
MiG-21RF "FISHBED H":MF型を元にした戦術偵察型
MiG-21SMT "FISHBED K":MF型の空力形状改善型
MiG-21bis "FISHBED L":電子機器を更新した新世代多用途型
MiG-21bis "FISHBED N":フィッシュベッドLを更に洗練し、エンジンを換装した型
MiG-21U "MONGOL A":最初の複座練習機型。装備はF型に似ている
MiG-21US "MONGOL B":U型にSPS吹き出しフラップを装備した型
MiG-21UM "MONGOL B":MF型を元にした複座練習機型。翼下パイロンを装備
西安F-7:中国がコピーしたF型。中国内での呼称は殲撃7
西安F-7B:西安F−7の出力強化型。中国内での呼称は殲撃7II
西安F-7M:電子装置を西側製のものに換装した西安F−7B。国内呼称は殲撃7III
MiG-21-93:MAPOが提示する近代化改修プラン
MiG-21 LANCER:エルビット社が提示する近代化改修プラン
MiG-21-2000:IAI社が提示する近代化改修プラン
LAST UPDATE 2000,12,03