ロッキード F−104スターファイター

F-104 STARFIGHTER ,Lockheed

F-104G
旧西ドイツ空軍のF−104G

朝鮮戦争で戦っている米空軍操縦士達の高々度戦闘機を要望する声に応えて開発がスタートした戦闘機。 ロッキード社の伝説的設計者であるケリー・ジョンソンの提案した「マッハ2を超える高速を発揮し、 高度18,000m以上を飛行する」戦闘機案により設計された。
 非常にアスペクト比の小さい薄く(主翼はホントに厚みが無く、地上駐機中には整備員が怪我をし ないよう前縁などにカバーが着けられたほどであった)小さな主翼を持ったこの飛行機は操縦士達から 「有人ミサイル」「人類の乗る最後の戦闘機」などと言われ歓迎された。空対空ミサイルによる昼間迎 撃を主任務としたため機動性はそれほど高くなかったが当機を導入した各国の操縦士達による絶え間な い訓練のおかげで困難な任務(西ドイツなどでは対艦ミサイルを装備した攻撃機としても用いられた) にもよく耐え、当時世界最高の高速ジェット戦闘機として多数の機体が配備された。
 米軍の他にもカナダ、デンマーク、西ドイツ、トルコ、ギリシア、日本、イタリア等の国々に採用 され多数の機体が生産されており、まだ現役で使用している国もあるほど息の長い機体である。

機体詳細データ(機体寸法、武装はF−104Gのもの)
寸法(L×W×H/翼面積)16.69×4.11×3.63m / 18.22m2
機体重量(自重/全備)6,760kg / 14,060kg
飛行速度(最大)M2.2(高空)、M1.2(海面高度)
上昇率(海面上)7,980m/min
上昇限度(実用)17,680m
離着陸距離(離陸/着陸)825m / 不明
航続距離2,920km(増槽使用)
エンジン(F−104S)ジェネラル・エレクトリック社製 J79−GE−19ターボジェット×1基
推力8,119kgf(アフターバーナー使用時)
武装20mmM61A1バルカン砲×1(弾数750)。両翼端および翼下4箇所のパイロンにAIM−9サイドワインダー×2、コルモラン対艦ミサイル×2、3,400kgまでの爆弾、ロケット弾ポッド、増槽等を選択搭載可能
乗員数/機体初飛行1名(単座型)、2名(複座型) / 1954年2月28日(原型機XF−104)
備考(各タイプ詳細) XF-104:原型機(2機製作)
YF-104:生産前機。原型機を胴体延長・エンジン換装などで改良した
F-104A:GE社製J79−GE−3Aエンジン搭載の初期生産型(153機製作)
F-104B:A型の複座型。機関砲を持たない(26機製作)
F-104C:J79−GE−7エンジンの戦術戦闘機型。空中給油装置も搭載(26機製作)
F-104D:C型の複座型。機関砲を持たない(21機製作)
F-104F:西ドイツ空軍のD型。複座練習機型(30機製作)
F-104G:主要生産モデル。J79−GE−11Aエンジン搭載(1,127機製作)
F-104J:日本向けの機体。大半は三菱重工のライセンス生産(210機製作)
F-104DJ:日本向けであるJ型の複座型(20機製作)
F-104N:NASA用に製作された超音速追跡機(3機製作)
F-104S:アエリタリア社製作の最終モデル(245機製作)
CF-104:カナダ向けのG型改良機。カナデア社が生産(200機製作)
CF-104D:CF−104の複座型(38機製作)
NF-104A:宇宙飛行士訓練用にA型を改修したもの。ロケットエンジン搭載(3機改修)
QF-104A:老朽化したA型を無人標的機に改修したもの(24機改修)
LAST UPDATE2002,12,14(First Up2000,01,08)