空廠 九三式中間練習機

海軍:昭和9年〜20年

長く奉公した赤トンボ

九三中練
霞ヶ浦海軍航空隊所属の九三式中間練習機(陸上型)

 航空機の発達により、それまで使用していた練習機と実用機との性能差が開く一方だったため海軍では 横須賀海軍工廠において昭和6年に仮称九一式中間練習機を開発採用した。しかし、この練習機はあまりに 高性能すぎたため練習機として扱いにくく、制式採用はされたものの量産には至らなかった。
 その後横須賀海軍工廠から海軍航空廠へ組織改編されたのを機に海軍航空廠において九一式中間練習機を 改修することになり、昭和9年に改修された機体を九三式中間練習機として制式採用したのである。
 複葉・通し車軸の固定脚など旧態依然の設計ではあったが、これはメンテナンス性を重視したためである。 海軍では採用後、海軍指定の全工場に当機の生産を命じ太平洋戦争終戦まで生産が続けられた。当機は操作 性の良さから初等練習機としても使用され、国産練習機としては群を抜く5000機以上の生産数を誇り、 陸上機型以外に水上機型も製作され海軍を代表する練習機となったのである。
 赤トンボの愛称は機体が練習機色(橙色)に塗られていたため付けられたのだが、戦争末期には他の海軍 機同様濃緑色に塗られ、特攻に使用された機体もあった。

機体詳細データ(九三式中間練習機[K5Y])
全長 8.05m全高 3.20m
全幅11.00m翼面積27.70m2
自重1,000kg最大重量1,500kg
最高速度239km/h上昇限度7,520m
航続距離1,109kmプロペラ固定ピッチ2翅
発動機日立「天風」一一型空冷星形9気筒 公称300馬力×1基
乗員数 2名総生産機数5,591機
武装7.7ミリ機銃×3、30キロ爆弾×2
主要タイプ 陸上中練(K5Y1):主要生産型である陸上機型
水上中練(K5Y2):降着装置を双フロート化した水上機型
水上中練一二型(K5Y3):「天風」二一型(公称480hp)発動機搭載の水上機型。試作のみ
陸上中練一二型(K5Y4):「天風」二一A型発動機搭載の陸上機型。試作のみ
陸上中練一三型(K5Y5):「天風」一五型(公称300hp)発動機搭載の陸上機型。試作のみ