愛知 九九式艦上爆撃機

海軍:昭和12年〜19年

一番多くの連合軍艦船を沈めた急降下爆撃機

九九艦爆
九九式艦上爆撃機一一型

 昭和11年海軍は、九六式艦上爆撃機に代る低翼・ 単葉・全金属性の十一試艦上爆撃機の競争試作を愛知・三菱中島の三社に指示し、審査の結果、愛知航空機の機体 が昭和14年に九九式艦上爆撃機として採用された。
 本機は、日華事変から終戦までの長期間に渡り、海軍の急降下艦爆の主力として活躍し、特に真珠湾攻撃や印度 洋海戦など戦争初期における爆撃命中率は80%を超えたといわれ、連合軍艦船を最も多く沈めた機体として名を 馳せた。しかし、戦争中期頃からは性能の不足が目立ちはじめ、 「彗星」に機動部隊搭載機の第一線を譲るようになっ たが、基地航空隊などでは終戦まで戦い続け、戦争末期には特攻機としても使用されている。

機体詳細データ(九九式艦上爆撃機二二型[D3A2])
全長10.20m全高 3.90m
全幅14.40m翼面積35.00m2
自重2,570kg最大重量3,800kg
最高速度430km/h上昇限度10,500m
航続距離1,350kmプロペラ定速3翅
発動機三菱「金星」五四型空冷複列星形14気筒 公称1,200馬力×1基
乗員数 2名総生産機数1,492機
武装7.7ミリ機銃×3、250キロ爆弾×1または60キロ爆弾×2
主要タイプ 一一型(D3A1):初期生産型。「金星」四三型または四四型(公称1,080hp)発動機搭載
一二型(D3A2):発動機を「金星」五四型(公称1,200hp)発動機に換装した試作機
二二型(D3A2):一二型を改設計した生産型。カウル形状変更、スピナキャップ追加
練習用爆撃機一二型(D3A2-K):二二型に複操縦装置を付けた練習機型。名称は仮称