中島 九七式輸送機(キ34)

陸軍:昭和11年初飛行、昭和12年制式採用、昭和17年生産終了

九七式輸送機
九七式輸送機の民間型(AT−2初期型:整備のためカウリングを外している)

 昭和9年にアメリカ製のダグラスDC2型機を中島が国産化することになり、これを参考に双発中型高速輸送機と して試作された機体。民間機(AT−2)として昭和11年に完成したが、その後昭和12年には陸・海軍両方に採 用された。陸軍では初の全金属製輸送機であった。
 大きく下方へカーブした機首と下側へ切れ込んだ風防、イボ付きカウリング(後期生産型では廃止)など特徴ある スタイルをしており、日本独自の技術を盛り込んだ機体として成功作であったと言える。元となったDC2に比べて 一回り小型で搭載能力も小さかったが、DC2の欠点として指摘されていた操縦性の悪さは改善されており、取り扱 いの容易さから操縦士や運行要員に人気があったと伝えられる。
 軍では人員輸送の他に落下傘降下部隊の母機としても多数使用しており、戦争初期のパレンバン降下作戦などで活 躍したが、戦争末期には制空権が確保できなくなり、非武装の輸送機が活躍できる戦場はほとんど残っていなかった。
 民間型は大日本航空をはじめ満州航空や中華航空で飛行していた他、航空局の乗員養成所でも練習機として使用さ れている。

機体詳細データ(九七式輸送機[キ34]後期型)
全長15.30m全高 4.15m
全幅19.83m翼面積46.07m2
自重3,703kg最大重量5,250kg
最高速度385km/h上昇限度7,500m
航続距離926kmプロペラハミルトン可変ピッチ2翅
発動機中島「寿」八型空冷星形9気筒 公称500馬力×2基
乗員数操縦士2名+客席8名総生産機数320機(民間型含む)
武装武装なし:完全武装の落下傘兵8名搭乗可能
主要タイプ 初期型(キ34):中島「寿」二型改(公称460hp)発動機搭載。凹凸のついたカウルが特徴
後期型(キ34):「寿」七型または八型(公称500hp)発動機搭載。機体小改修実施
中島式双発輸送機:海軍に納入された少数機の名称
AT−2:民間向け機体の社内呼称