三菱 九七式重爆撃機(キ21)

陸軍:昭和11年初飛行、昭和13年仮制式採用、昭和19年生産終了

九七重爆
九七式重爆撃機二型

 陸軍は昭和10年に三菱と中島に九三式重爆撃機の 後継機試作を指示。そこで試作された三菱・中島両社の キ19を審査したが、性能に差がなかったことと政治的 判断から機体は三菱、発動機は中島ということで改めてキ21の名称で三菱に発注された(三菱の試作機は 最初キ19と呼ばれ、増加試作以降がキ21と呼ばれたという説と、最初からキ21という名称だったとい う説がある)。
 しかし、機体設計に対して陸軍から多くの注文が付いたため、増加試作機を大きく設計変更した機体が量 産型として採用、部隊配備された。この量産型には三菱機の面影はなく、かなり中島製キ19に近いスタイ ルを持っていた。
 日華事変中期から太平洋戦争全期間にわたって陸軍の主力重爆撃機として大活躍したが、重爆撃機とし ては、やや小型で爆弾搭載量や航続距離などに若干不足な点もあった(陸軍では航続距離を稼いだり搭載量 を増やすことよりも速度を重視し、搭載量の不足は反復攻撃を行うことで補うよう考えていたようだ)が、 陸軍の重爆撃機の中では最も生産機数が多かった。
 開発当時は高速を誇った当機も大戦後期になるとその速度で優位を保つことは不可能となったため、損害 も多大なものになっているが、後継機に恵まれず大戦末期まで生産が続けられている。
 また、日本航空では日満間の航路強化を目的として、陸軍から当機の払い下げを受け、輸送用に改造し た機体を特急便として使用した(払い下げ機数は不明)。

機体詳細データ(九七式重爆撃機一型乙[キ21−I乙])
全長16.00m全高 4.35m
全幅22.00m翼面積69.60m2
自重4,691kg最大重量7,492kg
最高速度432km/h(高度4,000m)上昇限度8,600m
航続距離2,500kmプロペラハミルトン2段可変ピッチ3翅
発動機中島九七式改(ハ5改)空冷複列星形14気筒 公称1,080馬力×2基
乗員数 7名総生産機数2,064機(全タイプ合計)
武装7.7ミリ機銃×5(前方、胴体左右兼用各1、後方遠隔操作1、後上方連装1)、
爆弾最大1,000キロ
機体詳細データ(九七式重爆撃機二型乙[キ21−II乙])
全長15.97m全高 4.70m
全幅22.50m翼面積69.60m2
自重6,015kg最大重量9,523kg
最高速度478km/h(高度4,400m)上昇限度10,000m
航続距離2,400km+巡航1時間プロペラハミルトン油圧式または
ラチエ電気式定速3翅
発動機三菱一〇〇式(ハ101)空冷複列星形14気筒 公称1,450馬力×2基
乗員数 7名総生産機数上記参照
武装7.7ミリ機銃×5(前方、後下方、胴体左右各1、後方遠隔操作1)、13ミリ機銃×1(後上方)、
爆弾最大1,000キロ(50kg×20または100kg×10または250kg×4または500kg×2)
主要タイプ 試作型(キ21):機首風防や胴体、発動機などが制式機とは大きく異なる機体
一型甲(キ21-I甲):九七式(ハ5:公称950hp)発動機搭載。自衛用機銃3丁
一型乙(キ21-I乙):一型甲の武装・防弾強化型、エンジン出力も強化(ハ5改)された
一型丙(キ21-I丙):二型と同様の改設計型機体だが発動機は従前のままとされた中間型
二型甲(キ21-II甲):一〇〇式(公称1450hp)発動機搭載。燃料増加や主翼改設計を実施。7.7ミリ機銃×7
二型乙(キ21-II乙):若干洗練された最終生産型。一部機銃を13ミリ口径に変更
二型丙(キ21-II丙):機上電波警戒機タキ1を搭載した哨戒機型。試作のみ
輸送機型(MC-21):輸送機に改造された機体。重爆同様I型とII型がある