空技廠 陸上偵察機「景雲」

海軍:昭和20年

高速高々度飛行が可能な戦略偵察機

景雲
陸上偵察機「景雲」

 太平洋戦争の戦局の変化に伴って、小型の高々度戦略偵察機の必要性が高まってきたため海軍は 18試陸上偵察機として設計試作を開始することになった。そこで海軍航空技術廠は戦前にドイツ から輸入したハインケルHe119の エンジン配置に着目し、液冷V型エンジン(愛知ハ40)を胴体内に2基並列に設置し延長軸でプ ロペラを回転させる方式を採用した機体設計を開始した。胴体中央部にエンジンを配置するため機体 重量バランスをとりやすいことやジェットエンジンが完成した際にはエンジンの換装・改設計が容易 であるなどのメリットもあったが、逆にエンジン冷却に不利となるデメリットもあった。
 気密式操縦席・並列配置座席、6翅プロペラ、三車輪式降着装置など新機軸の技術を盛り込んだ機体が、 試行錯誤の結果昭和20年4月に試作1号機として完成し、飛行試験を実施したがエンジンの不調や戦局の 悪化により実用化の目処が立たぬまま終戦をむかえてしまったのである。

機体詳細データ(陸上偵察機「景雲」[R2Y1])
全長13.05m全高 4.24m
全幅14.00m翼面積34.00m2
自重6,015kg最大重量8,100〜9,400kg
最高速度741km/h(高度10,000m)上昇限度11,700m
航続距離3,610kmプロペラVDM定速6翅
発動機愛知「ハ70」01型液冷倒立M型24気筒 離昇3,400馬力×1基
乗員数2〜3名総生産機数 1機
武装武装なし
主要タイプ 景雲(R2Y1):双子液冷発動機搭載のプロペラ推進機。試作のみ
景雲改:ジェットエンジン搭載機の呼称。計画のみ