三菱 零式水上観測機

海軍:昭和15年〜19年

日本海軍最後の複葉水上機

零式水観
零式水上観測機

 昭和9年に海軍は十試水上観測機の競争試作を三菱、愛知、川西の3社に指示した。このうち三菱が試作した 機体を海軍は改修の上採用することにしたが、改修は長期間に渡り昭和15年にようやく零式水上観測機として 採用された。
 当初予定していた中島「光」1型エンジンが馬力不足で不満足な性能だったので、三菱「瑞星」一三型エンジンに 変更して量産された。機体は三菱で528機、第21海軍航空廠で590機が生産され、うち少数機は複座練習機 [F1M2−K]に改修されている。
 当機は艦載機や海岸基地機として沿岸哨戒や船団護衛・偵察などに広く活躍し、従前の 九五式水上偵察機よりも高性能で 九六式艦上戦闘機に勝るとも劣らない軽快な機動性の ため急降下爆撃や戦闘機としての二次的な任務もこなしている。
 なお大戦中の昭和17年から19年にかけて機体補強や消炎排気管の追加などの改造が行われているが、機種記 号や型式名に変更はなかった。

機体詳細データ(零式水上観測機[F1M2])
全長 9.50m全高 4.00m
全幅11.00m翼面積30.00m2
自重1,930kg最大重量2,550kg
最高速度370km/h(高度3,400m)上昇限度9,400m
航続距離750kmプロペラ定速3翅(初期の機体は2翅)
発動機三菱「瑞星」一三型空冷複列星形14気筒 公称800馬力×1基
乗員数 2名総生産機数1,118機
武装7.7ミリ機銃×3(前方2、後方旋回1)、60キロ爆弾×2
主要タイプ 十試観測機(F1M1):原型機呼称。「光」一型(公称730hp)発動機搭載
一一型(F1M2):量産型。当初は零式一号観測機一型と呼称
零式練習用観測機(F1M2-K):複操縦装置を搭載した練習機型