空技廠 夜間戦闘機「白光」「極光」

海軍:昭和19年〜20年

高性能爆撃機を改造した夜間戦闘機

KYOKUKOH
夜間戦闘機「極光」

 昭和19年に海軍が採用した陸上爆撃機「銀河」に 斜め銃を装備して、夜間戦闘機に改造したものがこの「極光」である。「銀河」は元々、水平爆撃・急降下爆撃・雷撃 などオールマイティにこなせるように設計された機体のため装備スペースに余裕があり夜間戦闘機としての改造は難し くはなかったものの、エンジンを高出力の「火星」二五型に変えただけでそのまま夜間戦闘機として使用するには多少 無理があったと思われる。
 また、他にも仮称銀河二一型[P1Y1−S]、別名「白光」と呼ばれる夜間戦闘機も製作されているが、どちらも 配備数は少なく目立った活躍はできなかった。
 なお、「銀河」から「白光」への改造は空技廠が担当、「極光」の製造については川西航空機が「銀河」からの改造 を担当しているが、昭和20年春に上昇力・速度不足が指摘されるようになると、「極光」は斜銃を廃し爆撃装備を復 活させた「銀河」一六型として再改造されている。

機体詳細データ(夜間戦闘機「極光」[P1Y2−S])
全長15.00m全高 4.30m
全幅20.00m翼面積55.00m2
自重7,265kg最大重量10,500kg
最高速度546km/h(高度5,900m)上昇限度9,400m
航続距離2,000〜5,370kmプロペラハミルトン定速3翅
発動機三菱「火星」二五型(ハ32−25)空冷複列星形14気筒 公称1,680馬力×2基
乗員数 3名総生産機数 97機(極光のみ)
武装20ミリ機関砲×2(胴体上部)、20ミリ機関砲×1(機首)、60キロ爆弾×2
主要タイプ 白光(P1Y1-S):仮称銀河二一型。銀河一一型に20ミリ斜銃4丁を装備した機体
極光(P1Y2-S):20ミリ斜銃2丁を装備、爆撃装備廃止。機体は銀河一一型ベース