九州 二式陸上中間練習機

海軍:昭和17年〜20年

和製テキサン練習機

二式中練
海上護衛部隊所属の二式陸上中間練習機(終戦後撮影のためプロペラが外されている)

 海軍では主力となる航空機の発達に伴い、それまで練習機として使用してきた 九三式中間練習機の性能不足が 目に付くようになってきていた。そこで新型の中間練習機を14試陸上中間練習機 として渡辺鉄工所(後の九州飛行機)に開発させることとしたのである。
 渡辺鉄工所では海軍が研究用として戦前に米国より輸入していた ノースアメリカンAT−6練習機を 参考にして設計を進め、昭和16年に試作機を完成させた。しかし、安定性や操縦性に 難があったため改修指示を受け、長期間の改修を行った結果、昭和18年にようやく二 式陸上中間練習機として制式採用されている。
 だが、この時期になると第一線から退きつつある機体( 零戦二一型九九艦爆など)が練習 用機体として使用できるようになっており、当機を新規生産して使用する意義が薄れ ていたため約180機の生産(日本飛行機で150機、残りは九州飛行機が生産)のみで終戦を迎えた。

機体詳細データ(二式陸上中間練習機[K10W])
全長 8.60m全高 4.10m
全幅11.16m翼面積20.58m2
自重1,500kg最大重量2,033kg
最高速度295km/h上昇限度6,770m
航続距離1,095kmプロペラ固定ピッチ2翅
発動機中島「寿」二型改二または改一空冷星形9気筒 公称500馬力×1基
乗員数 2名総生産機数 176機
武装7.7ミリ機銃×1
主要タイプ 一一型(K10W1):生産型の制式呼称
二一型(K10W2):全木製化機体の予定呼称。計画のみ