川西 水上偵察機「紫雲」

海軍:昭和17年〜18年

企画倒れに終わった高速水上偵察機

紫雲
水上滑走中の水上偵察機「紫雲」

 日本海軍は機動部隊の目となる艦載の水上偵察機を多数開発し艦隊へ配備してきた。この 「紫雲」もそういった水上偵察機の一つであるが、特に高速力を発揮し敵制空権下でも強行 偵察が可能であることが開発要求に盛り込まれている。
 高速発揮のため、引き込み式の翼端フロートや主フロートの緊急時投棄、二重反転プロペラ などの新機軸が盛り込まれ昭和18年に二式高速水上偵察機として制式採用され15機が製造 された。
 しかし、実戦配備された機体は主フロート投棄がうまくいかず敵機に捕捉され撃墜されて しまったし、試験に使用された機体も翼端フロートが折れて転覆するなど不具合が多発したた め増産されることはなかった。
 戦時下での新技術開発がいかに難しいかを示す好例であるといえよう。

機体詳細データ(水上偵察機「紫雲」一一型[E15K1])
全長11.58m全高 4.95m
全幅14.00m翼面積30.00m2
自重3,165kg最大重量4,100〜4,900kg
最高速度470km/h(高度5,700m)上昇限度9,830m
航続距離3,380kmプロペラハミルトン定速2翅×2
(二重反転式)
発動機三菱「火星」二四型空冷複列星形14気筒 公称1,620馬力×1基
乗員数 2名総生産機数 15機
武装7.7ミリ機銃×1、60キロ爆弾×2
主要タイプ 一一型(E15K1):生産機少数のため派生・改良型は無し