三菱 九六式陸上攻撃機

海軍:昭和11年〜18年

渡洋爆撃の主役

九六陸攻
九六式陸上攻撃機一一型

 昭和9年、海軍の9試中型陸上攻撃機として開発がスタート。昭和11年制式採用となった機体。
 長距離を飛んで敵地を爆撃する戦略爆撃の先鞭を付けたのは日本軍であり、その爆撃に使用されたのがこの 九六式陸上攻撃機で、日華事変では編隊渡洋爆撃を行い世界中を驚かせた(この渡洋爆撃行は喧伝されている ほど華々しいものではなく、悪天候や敵機に悩まされ続けた非常に苦しい戦いであったようだ)。また太平洋 戦争開戦直後の英国東洋艦隊空襲による戦艦プリンス・オブ・ウェールズ及びレパルスの撃沈(マレー沖海戦) も有名で、日本海軍の陸上攻撃機という構想が間違いでなかったことを証明している。大戦中期以降は旧式化 したため第一線任務からは退くようになっているが、海上護衛任務としての索敵や対潜攻撃などに使用され終 戦まで活躍した。
 なお、当機の略符号はその時期によって異なったものが付与されている。これは八試中攻や 九三式陸上攻撃機の略符号と整理変更が行われた ためだが、当サイトでは最終的に制定された(昭和20年4月時点での)略符号を採用した。
 しかし戦略爆撃に先鞭を付けた日本が、結局はB−29 による戦略爆撃によって敗戦に追い込まれてしまったのは皮肉めいたものを感じる。

機体詳細データ(九六式陸上攻撃機一一型[G3M2a])
全長16.45m全高 3.68m
全幅25.00m翼面積75.00m2
自重4,770kg最大重量7,642kg
最高速度350km/h上昇限度7,500m
航続距離約4,000kmプロペラ定速3翅
発動機三菱「金星」三型空冷複列星形14気筒 公称790馬力×2基
乗員数 7名総生産機数1,048機(輸送機型含む)
武装7.7ミリ機銃×3、航空魚雷×1または800キロ爆弾×1または250キロ爆弾×2
主要タイプ 一一型(G3M1):最初の生産型。「金星」三型(公称790hp)発動機搭載。銃座はすべて引き込み式
一一型(G3M2a):「金星」四一型もしくは四二型(公称990hp)を搭載。機体は一一型に準ずる。後に二一型と改称
二一型(G3M2b):「金星」四二型もしくは四五型搭載。防御武装が強化された。後に二二型と改称
二三型(G3M3):「金星」五一型(公称1,200hp)発動機搭載の最終型。機体は二二型に準ずる