中島 九一式戦闘機

陸軍:昭和3年初飛行、昭和6年仮制式採用、昭和9年生産終了

九一式戦
九一式戦闘機

 陸軍はそれまで使用していた甲式四型戦闘機(フランス製ニューポール29C1のライセンス品)の 後継機開発を昭和2年に中島・三菱・川崎の3社に命じた。この試作は陸軍初の国産戦闘機競争試作で もあった。
 そこで各社とも先の八八式偵察機選定のと きのように、お抱え外国人技師による設計を行い、中島「NC」、三菱「隼型」、川崎「KDA−3」の 各試作機が完成、昭和3年に厳しい審査試験が開始された。ところが同年6月の試験中に三菱機が空中 分解をおこしてしまい急遽他の機体も地上にて破壊試験を行ったところ全機とも強度不足であることが 判明、全機不合格となってしまった。
 しかし後継戦闘機の開発は急務であり、陸軍では中島製の機体が一番有望であると見ていたことから、 この機体の改修を指示、度重なる試験を経てようやく昭和6年に九一式戦闘機として制式採用となった。
 用兵側が下方視界にこだわったため高翼単葉という戦闘機としては珍しい主翼配置をしており、安定 性に欠けるところがあって、水平キリモミに陥ることが多かったものの最高速度は日本の戦闘機として 初めて300キロを超える機体であり、迎撃機として使用された川崎製の 九二式戦闘機と異なり、当機は制空用とし ての任務に従事することになった。
 現役期間は短く、実戦へ投入されることは一度もなかったが、 高々度到達飛行(昭和7年10月、高度9000m)や編隊長距離飛行(昭和10年1月、立川〜八丈島 間往復。および同年7月、日本一周飛行)などの記録的飛行に成功しており、また昭和11年には陸軍の 上陸作戦用輸送船「神州丸」でのカタパルト射出実験にも使用され、これを成功させるなど優秀な性能を 遺憾なく発揮している。

機体詳細データ(九一式戦闘機[NC])
全長 7.30m全高11.00m
全幅 2.79m翼面積20.36m2
自重1,075kg最大重量1,530kg
最高速度300km/h(高度2,400m)上昇限度9,000m
航続時間2.0hプロペラ木製固定ピッチ2翅
発動機中島「ジュ」式四五〇馬力発動機 空冷星形9気筒 最大500馬力×1基
乗員数 1名総生産機数451機
武装7.7ミリ機銃×2(前方固定)
主要タイプ 九一式戦闘機:高翼配置単葉戦闘機。小改修のため非公式的に以下のように分けられている
(一型初期型):初期生産型。「ジュ」式四五〇馬力発動機搭載
(一型後期型):構造強化型。主翼強度を強化するため補助支柱を追加した
(二型):改良型。一型後期型の機体に寿二型(離昇580hp)発動機を搭載したモデル
(実験機):寿五型(離昇560hp、軍に採用されず)を搭載した実験機。1機のみ製作