>KEY's So Military Page

渡辺 試作実験用飛行機第一号

海軍:昭和14年

空技廠(航空廠)による実験機1号

試作実験用飛行機第一号
試作実験用飛行機第一号

 日本海軍の航空機開発を総括するため、昭和7年に設立された航空廠(昭和16年に空技廠へ改編)で は航空機技術の開発・研究のための実験用機体を幾つか開発している。当機はその実験用機体の中でも 第一号の番号を振られた機体である。
 主翼形状が飛行にもたらす影響を研究するための空力学実験専用機として製作された機体で、設計製作 は渡辺鉄工所に発注された。英国製パーナル・パラソル式高翼機を参考にした機体は昭和14年9月に完 成、パラソル式に配置された主翼を各種形状の物に交換してデータ収集を行う予定であったのだが、発動 機の震動がひどく、実験飛行どころの話では無い失敗作であったため1機製作されただけで開発は中止、 空力学実験のための飛行も行われずに終わった。
 ちなみに当機を表す機種番号MXY1は、特殊機を表すM、試作機を表すX、横廠(空技廠)を表すY に開発順を表す1を組み合わせた物である。

機体詳細データ(試作実験用飛行機第一号[MXY1])
 
諸元等については詳細不明である
 
発動機中島「光」一型空冷星形9気筒 公称600馬力×1基
乗員数 5名総生産機数 1機
武装武装なし
主要タイプ 試作実験機一号(MXY1):空力学実験専用機。原型のみ製作で開発中止