川西 九七式飛行艇

海軍:昭和11年〜17年

日本海軍初の4発大型飛行艇

九七式飛行艇
横浜海軍航空隊所属の九七式飛行艇二二型

 昭和9年(1934年)に川西航空機は海軍から長距離用の九試大型飛行艇の試作を指示された。日本海軍 初の4発大型飛行艇としての期待も高かったために、試作は慎重に行われ試作1号機は昭和11年に完成した。 試作機の運用試験では長距離飛行、哨戒、爆撃、輸送全てにおいて良好な成績を収め、昭和13年に九七式 一号飛行艇として制式採用された。(下表の主要タイプ欄の呼称は昭和17年以降に使用された呼称・略符号 を掲載している)
 開戦当初は前線で活躍したが速度が遅かったため敵戦闘機に対しての防御が弱く、大戦中期以降は後方での輸送 任務に従事することが多かったが、生産された機体のうち大多数は終戦まで使用された。

機体詳細データ(九七式飛行艇二三型[H6K5])
全長25.63m全高 6.27m
全幅40.00m翼面積170.00m2
自重12,379kg最大重量17,500kg
最高速度385km/h上昇限度9,560m
航続距離4,800〜6,770kmプロペラ定速3翅
発動機三菱「金星」五三型空冷複列星形14気筒 公称1,200馬力×4基
乗員数 9名総生産機数217機(非武装輸送機型含む)
武装7.7ミリ機銃×4、20ミリ機関砲×1、航空魚雷×2または
800キロ爆弾×2または250キロ爆弾×4または60キロ爆弾×12
主要タイプ 一号(H6K1):「光」二型(公称700hp)発動機搭載の原型・増加試作機
一一型(H6K2):「金星」四三型(公称990hp)発動機搭載(旧呼称二号一型)
二号一型改(H6K3):旅客輸送機型原型。一一型改修(2機)。九七式輸送飛行艇参照
二二型(H6K4):一一型の射撃兵装や電気艤装を改良した機体(旧呼称二号二型)
二二型(H6K4):「金星」四六型(公称1,070hp)発動機搭載(旧呼称二号三型)
二三型(H6K5):「金星」五一型または五三型発動機搭載