九州 陸上哨戒機「東海」

海軍:昭和18年〜20年

活躍の場を失った潜水艦キラー

東海
陸上哨戒機「東海」

 昭和17年に海軍が出した対潜用沿岸哨戒機の試作指令を受け、九州飛行機(発令当時は渡辺鉄工所)が 制作した機体で、日本初の専用対潜哨戒機である。
 対潜哨戒という任務の性格上、新型の海上捜索レーダーを搭載する予定であったが開発が間に合わず、旧来の 性能の悪いレーダーをMAD(磁気異常探知装置)で補うことで我慢するほかなかった。そのため、実戦での 戦果もあまり多くなく、日本近海に連合軍艦載機が出没するようになると低速なこの機体が生き残るすべもなく 約150機という少数機の生産で終わっている。
 この機の最大の特徴は、下方視界を良くするための大きな操縦席風防であろう。

機体詳細データ(陸上哨戒機「東海」[Q1W1])
全長12.09m全高 4.12m
全幅16.00m翼面積38.20m2
自重3,100kg最大重量5,320kg
最高速度322km/h(高度1,340m)上昇限度4,500m
航続距離1,342〜2,415kmプロペラハミルトン定速3翅
発動機日立「天風」三一型(GK2C)空冷星形9気筒 公称410馬力×2基
乗員数 3名総生産機数 153機
武装7.7ミリ機銃×1または20ミリ機関砲×1、250キロ爆弾(対潜爆雷)×2等
主要タイプ 一一型(Q1W1):主要生産型。7.7ミリ旋回銃搭載
一一甲型(Q1W1a):7.7ミリ旋回銃にかわり20ミリ機関砲を搭載した機体
練習機(Q1W1-K):複操縦装置搭載の練習機型。「銀河」搭乗員訓練用
改練習機:練習機型を全木製化した機体。試作完成前に終戦