愛知 九八式水上偵察機

海軍:昭和12年〜15年

平凡な設計の小型夜偵

九八水偵
九八式水上偵察機

 昭和11年(1936年)に海軍が出した11試特殊水上偵察機の競争試作指示に対して川西と 愛知が試作機を開発提出を行い、審査の結果、愛知機が昭和13年に九八式水上偵察機として制式 採用された。なお、それまで夜間偵察機と呼称されていた機種名は11試以降から特殊水上偵察機 という名称に変更されている。
 当機は愛知が製作した九六水偵の発達型と 言って良いほど平凡な設計であったが、実際には一から新規に設計された機体である。
 夜間偵察機という特殊な用途のため生産機数は少なかったが、日華事変中には沿岸哨戒や輸送任務に使用 されたほか、水雷戦隊旗艦である軽巡「川内」型「長良」型などに搭載され索敵任務に従事 した。

機体詳細データ(九八水上偵察機[E11A1])
全長10.71m全高 4.52m
全幅14.49m翼面積46.40m2
自重1,927kg最大重量3,300kg
最高速度220km/h上昇限度4,500m
航続距離1,950kmプロペラ木製4翅
発動機愛知「九一式」二二型水冷W型12気筒 公称520馬力×1基
乗員数 3名総生産機数 17機
武装7.7ミリ機銃×1
主要タイプ 九八水偵(E11A1):生産機少数のため派生・改良型は無し