三菱 九六式陸上輸送機

海軍:昭和13年〜17年

陸上攻撃機改造型の輸送機

九六陸輸
遣支艦隊司令部所属の九六式陸上輸送機一一型

 日華事変が始まるまで、専用の大型輸送機の必要性を感じていなかった日本海軍だったが、いざ 大陸方面へ兵力を展開するとなると輸送力の不足が目に付くようになった。
 そこで海軍では九六式陸上攻撃機の優秀性に目を 付け、この機体の武装を全廃し内部を改造した輸送機を急遽採用することにしたのである。
 しかし、九六式陸上攻撃機の優秀な飛行性能は、空力を考慮した細い胴体の効果によるところが 大きかったため、輸送用として改造された機体もあまり多くの人員や貨物を運べる訳ではなく、輸送機 としては不向きだったようである。
 機種記号からも判るとおり改造設計は空技廠が担当したが、生産については九六式陸上攻撃機の 開発元である三菱航空機が行っている。
 当機の民間改造型である「ニッポン号」が昭和14年に行った世界一周飛行は日本航空史における 一大快挙であった。

機体詳細データ(九六式陸上輸送機一一型[L3Y1])
全長16.45m全高 3.68m
全幅25.00m翼面積75.00m2
自重5,070kg最大重量9,390kg
最高速度350km/h上昇限度7,500m
航続距離3,334〜4,260kmプロペラ定速3翅
発動機三菱「金星」四五型空冷複列星形14気筒 公称1,070馬力×2基
乗員数3名総生産機数不明
武装武装なし:乗客10名搭乗可能
主要タイプ 一一型(L3Y1):10座席の客席を持つ人員輸送機型
二一型(L3Y2):落下傘兵12名の搭乗が可能な特殊輸送機型