立川 キ92試作輸送機

陸軍:昭和19年初飛行、終戦のため量産されず

写真なし

 それまで輸送機といえば輸入した外国製機やそのライセンス生産機、または爆撃機の改造機などでお茶を 濁してきた日本陸軍であったが、太平洋戦争開戦頃にはその重要性に気が付いており、開戦直後の昭和17 年3月に、立川飛行機に対してキ92の名で大型輸送機の開発指示を行った。
 当初は軽戦車輸送を前提に考えられていたが、航空機で輸送できる軽戦車程度ではその性能に不足が生じ ることが考えられたため、途中で人員輸送用に改められている。
 葉巻型胴体に4列配置(中央通路の左右二席ずつ)の客席を備えた他、木金混成構造や完全密閉式キャビ ンなど日本製輸送機初の試みを盛り込んだ原型機は昭和19年9月に完成、試験飛行の結果ほぼ要求どおり の性能を示したのだが、本土空襲の激化や資材不足から製造は遅々として進まず、戦況の悪化により輸送機 製造の優先度も下がったため、終戦までに完成したのは原型1機のみで終わっている。また、機体構造を全 木製化した機体(キ114)も計画されていたが、完成することはなかった。
 所定の性能を示せる量産機が大量に生産できていれば、米軍の カーチスC−46輸送機に匹敵す る機体として名を残せたであろうが、当時の日本の国力から考えると量産など夢物語であった。

機体詳細データ(キ92試作輸送機[キ92]:性能は計画値)
全長22.00m全高 5.95m
全幅32.00m翼面積不明
自重11,175kg最大重量17,600kg
最高速度466km/h上昇限度不明
航続距離3,960kmプロペラ定速4翅
発動機三菱「四式」(ハ104)空冷複列星形18気筒 公称1,810馬力×2基
乗員数乗員5名+乗客34名総生産機数 1機
武装武装なし(12.7ミリ旋回機銃×1という説あり)
主要タイプ キ92:試作大型輸送機。原型機のみ完成
キ114:キ92の全木製構造型。計画のみ