三菱 キ83試作遠距離戦闘機

陸軍:昭和19年初飛行、終戦のため量産されず

キ83
キ83試作遠距離戦闘機試作機

 日華事変において中国大陸奥地への爆撃を行い、戦略爆撃の先鞭をつけた日本陸軍であったが、長距離を 飛んで爆撃隊を護衛できる戦闘機が無く、作戦を行うたびに爆撃隊の被害は増すばかりであった。
 そこで昭和16年5月に陸軍は、三菱航空機に対して長距離飛行が可能な護衛戦闘機の開発を指示、また 海軍も長距離護衛戦闘機の必要性を感じていたため、この開発は陸海軍協同試作の形をとることになった。
 しかし、設計中に陸軍からこの機体の設計を司令部偵察機や地上襲撃機への転用可能な形にしたいという 要求が出たため、設計変更に時間をとられてしまい、設計が完成したのは昭和18年、原型1号機の完成は 昭和19年4月と遅くなってしまったのである。
 開発が遅れたために戦局は悪化し、また東海大地震の影響もあり結局完成したのは試作原型機4機だけ であったが、試験飛行ではほぼ軍の要求を満たしており高性能な双発戦闘機であった(資料によっては、終 戦時の日本の状況や、ハ43エンジンの能力が未知数であったことなどから、実戦機として高性能と言えた かどうか懐疑的な意見を述べているものもある)。
 なお偵察機型(キ95)と襲撃機型(キ103)については戦局悪化や他社の機体完成により開発は途 中で中止されてしまっている。

機体詳細データ(キ83試作遠距離戦闘機[キ83])
全長12.50m全高 4.60m
全幅15.50m翼面積33.71m2
自重5,980kg最大重量8,930kg
最高速度704km/h(高度10,000m)上昇限度12,660m
航続距離2,800kmプロペラVDM定速4翅
発動機三菱ハ43-11ル空冷複列星形18気筒 公称1,720馬力×2基
乗員数 2名総生産機数 4機
武装30ミリ機関砲×2、20ミリ機関砲×2(各前方固定)、50キロ爆弾×2
主要タイプ キ83:派生・改良型は無し。試作のみ
キ95:司令部偵察機型。計画中止のため製作されず
キ103:地上襲撃機型。計画中止のため製作されず