中島 キ8試作複座戦闘機

陸軍:昭和9年初飛行、不採用のため量産されず

キ8
キ8原型機

 欧米諸国で単発複座戦闘機の研究開発が盛んになった(実際単発複座戦闘機を量産化まで持ち込んだ 国は英国だけで、 生産されたブラックバーン・ロック艦戦ボールトンポール・デファイアント戦闘機も 成功作とは言い難い)ことを受け、中島飛行機でも自主開発にて陸海軍向けに単発複座戦闘機試作機 を製作した。
 陸軍向けとして昭和9年〜10年の間に5機製作された機体は、全金属製の胴体に片持ち低翼配置逆ガ ル式単葉主翼を組み合わせたもので、当時の機体としてはかなり先進的な設計であった。
 陸軍ではこの機体にキ8の試作名称を与え各種審査を行ったが、飛行時の安定性などに問題があっ たことと単発複座戦闘機に対する陸軍側指針が無かったことにより採用されずに終わっている。しかし 当機で初めて採用されたイボ付きカウリングや後方スライド式風防、片持ち固定式主脚などは以降製作さ れる中島機にも使用されている。
 諸元などについてはデータが現存していないため不明であるが、一説には 九一式戦闘機と同等程度の能力を発揮した と言われている。

機体詳細データ(キ8試作複座戦闘機[キ8])
 
諸元等については資料が現存しないため不明
 
最高速度300km/h程度?上昇限度不明
航続距離不明プロペラ金属製可変ピッチ2翅
発動機中島「寿」三型空冷星形9気筒 公称540馬力×1基
乗員数 2名総生産機数 5機
武装7.7ミリ機銃×3〜4(前方固定2、後方旋回1〜2)
主要タイプ キ8:単発複座戦闘機。原型のみ製作、採用されず