立川 キ74試作遠距離偵察爆撃機

陸軍:昭和19年初飛行、終戦のため開発中止

キ74
キ74試作遠距離偵察爆撃機の機首部分

 昭和14年に陸軍は遠距離司令部偵察機としてキ74を計画、立川飛行機に対して開発を指示していたが 太平洋戦争が勃発し、この機体の任務は米本土(パナマ運河)を爆撃することへとすり替わってしまった。 約1トンの爆弾を搭載し米本土爆撃を目指す機体であるが、要求された航続距離は七千〜一万キロと、日本本 土から出撃する場合は片道飛行分しかないので、生還を帰さない特攻機であったとも言える。
 長距離を飛行するためには空気抵抗の少ない高空を飛行した方が有利なため、乗員は与圧された気密操縦席 へ搭乗し、エンジンも排気タービンを装備した高空飛行に備えた機体が設計されたものの、これらの装備は技 術力の立ち後れた日本には荷の重いもので、試作機開発は難航しようやく昭和19年3月に1号機が完成した。 終戦までに試作機・増加試作機あわせて14機ほどが完成しているが、結局実用審査前に終戦を迎えてしまった。

機体詳細データ(キ74試作遠距離偵察爆撃機[キ74])
全長17.65m全高 5.10m
全幅27.00m翼面積80.00m2
自重10,200kg最大重量19,400kg
最高速度570km/h(高度8,500m)上昇限度12,000m
航続距離7,200km以上プロペラVDM定速4翅
発動機三菱ハ104ル空冷複列星形18気筒 公称1,810馬力×2基
乗員数 5名総生産機数14機?
武装12.7ミリ機銃×1(尾部遠隔銃座)、250キロ爆弾×4等
主要タイプ キ74:派生・改良型は無し。試作のみ