川崎 キ66試作急降下爆撃機

陸軍:昭和17年初飛行、不採用のため量産されず

キ66
キ66試作急降下爆撃機試作機

 第二次世界大戦初頭のドイツ軍が行った電撃戦における ユンカースJu87の活躍に 刺激された日本陸軍は、昭和16年9月に川崎航空機工業に対して本格的急降下爆撃機の開発を指示し、 川崎航空機工業は生産中だった 二式複座戦闘機「屠龍」九九式双発軽爆撃機の経験を生かした双発急 降下爆撃機を開発試作することにした。
 急降下爆撃を行うため翼下には空力ブレーキを装備しているが、これはドイツの ユンカースJu88に装備され ている物と同様なスノコ型のものであった。
 試作1号機は昭和17年11月に完成し、続いて2・3号機も完成。性能試験を繰り返した結果、特に 大きな欠点もなく急降下爆撃機として成功作であったが、同時期に完成した九九式双発軽爆撃機の改良型 (二型乙)がキ66と同等の性能を示したため、陸軍側の新型の機体開発への熱意が薄れてしまい制式採 用には至らなかった。
 なお双発機である当機はユンカースJu87や海軍の 九九式艦上爆撃機のような、垂直に近い急角 度での急降下爆撃は不可能であったと思われる。

機体詳細データ(キ66試作急降下爆撃機[キ66])
全長11.20m全高 3.70m
全幅15.50m翼面積34.00m2
自重4,100kg最大重量5,750kg
最高速度535km/h(高度5,600m)上昇限度10,000m
航続距離2,000kmプロペラ定速3翅
発動機中島一式(ハ115)空冷複列星形14気筒 公称1,100馬力×2基
乗員数 2名総生産機数 6機
武装12.7ミリ機銃×2(機首固定)、7.7ミリ機銃×2(後方旋回)、爆弾最大500kg
主要タイプ キ66:派生・改良型は無し。試作のみ