川崎 キ60試作戦闘機

陸軍:昭和16年初飛行、不採用のため量産されず

キ60
キ60試作戦闘機試作機

 昭和15年に陸軍は川崎航空機工業に対して、ドイツから輸入したダイムラーベンツDB601A液冷エン ジン(又はそれを国産化したハ40)を搭載する重・軽戦闘機の開発を指示した。そこで川崎は土井武夫技師を 主務者に据え重戦闘機を当機キ60、軽戦闘機をキ61と して同時開発(先にキ60の設計を行い、キ61はその後とした)を行い、キ60は昭和16年3月に原型試作 機が完成した。
 原型機による飛行テストではドイツ製の メッサーシュミットBf109キ44(後の二式単座戦闘機「鍾馗」)と比べ、最高 速度や操縦性は優れていたが、キ44との模擬格闘戦には勝利できなかった。また後から完成したキ61が格闘戦 闘機として予想以上の性能を示したため、当機の制式採用は見送られた。この事から一撃離脱を信条としていた諸外 国の重戦闘機とは異なり、日本陸軍では重戦闘機にまで高い格闘能力を求めていたことが判る。
 なお3機製作されたキ60試作機は、全機ともドイツから輸入したDB601Aオリジナルを搭載していたため、 審査時点で発動機の不調などの問題には悩まされなかったようだ。

機体詳細データ(キ60試作戦闘機[キ60])
全長 8.40m全高 2.75m
全幅 9.78m翼面積16.20m2
自重2,150kg最大重量2,750kg
最高速度560km/h(高度4,500m)上昇限度10,000m
航続距離不明プロペラ可変ピッチ3翅
発動機ダイムラーベンツDB601A液冷倒立V型12気筒 公称1,100馬力×1基
乗員数 1名総生産機数 3機
武装12.7ミリ機銃×2(前方固定)、20ミリ機関砲×2(前方固定)
主要タイプ キ60:派生・改良型は無し。試作機のみ