中島 九五式二型練習機(キ6)

陸軍:昭和9年初飛行、昭和10年準制式採用、昭和11年生産終了

写真なし

 昭和9年に制式採用された九五式練習機シリーズのうち二型の呼称を持つ機体(他の機体は 九五式一型練習機九五式三型練習機の赤トンボコンビ である)。
 中島飛行機が製造ライセンスを持っていたフォッカーユニバーサル機をベースに改修された機体(同 様なユニバーサル機改修の軍用機としては 海軍のフォッカー式偵察機などがある)で、 海軍の九〇式機上作業練習機同様に操縦士以外の 搭乗員訓練に従事するものであるが、生産数少数のため九〇式機上作業練習機ほど多用されることは無かった ようだ。
 機体構造自体はユニバーサル機そのままであったが、航法・通信・偵察写真撮影・射撃などの訓練に使用 できるよう内部の艤装は大幅に改装されている。機内には4座の座席が設けられており、教官1名と訓練生 3〜4名が搭乗できた。世界的にセールスされていたユニバーサル機がベースのため稼働率も高く扱いやす い機体として好評であったが、その後実戦機の性能向上や搭乗員の大量養成開始により民間機改造で生産数 の少なかった当機は能力不足となり、後継機である 一式双発高等練習機へ第一線任務を譲ること になったため現役期間は短かった。なお訓練任務の他に輸送用や連絡用としても使用された。

機体詳細データ(九五式二型練習機[キ6])
全長11.09m全高2.82m
全幅15.44m翼面積34.37m2
自重不明最大重量2,820kg
最高速度235km/h(高度1,200m)上昇限度6,000m
航続距離1,045kmプロペラ金属製固定ピッチ2翅
(生産型は3翅)
発動機中島「ジュ」式四五〇馬力発動機一型 空冷星形9気筒 公称420馬力×1基
乗員数操縦士2+乗員4〜5名総生産機数20機
武装通常は無し。訓練用に7.7ミリ機銃×2(後方旋回)を装備可能
主要タイプ キ6:フォッカー・ユニバーサルを原型とする原型機の呼称
九五式二型練習機:制式名称。生産機少数のため派生・改良型は無し