このページは
Keyのミリタリーなページ の
コンテンツの一部です。

川崎 一式貨物輸送機(キ56)

陸軍:昭和15年初飛行、昭和17年制式採用、昭和18年生産終了

一式貨物輸送機
一式貨物輸送機

 アメリカから輸入したロ式輸送機の 示す性能に満足した陸軍は、立川飛行機に同機のライセンス生産を行わせると共に、川崎航空機工業に対して 搭載量の増加と翼端失速性の改善を目的とした改良型開発を指示、これにキ56と機体番号を付けた。
 指示を受けた川崎航空機工業ではロ式輸送機の胴体を延長、フラップの改修や大型貨物扉の新設、 国産発動機への換装などを盛り込んだ試作機を昭和15年末に完成させた。計画当初は貨物輸送機と して設計されていた(そのため仮称ロ式貨物輸送機と呼ばれていた)が、実用審査途中に患者輸送機や 降下部隊用輸送機としても使用できるように改修指示が出たため、荷室内部に客席を設置可能なよう改修 されている。昭和17年2月に一式貨物輸送機として制式採用されたが、生産は前年の昭和16年から 開始されている。
 最高速度などの飛行性能はロ式輸送機よりも低下してしまったが飛行安定性は向上し、特にロ式で は操縦士泣かせだった低速時安定性や離着陸時の危険性が改善されている。太平洋戦争では陸軍落下 傘部隊の母機としてパレンバン攻略に参加したのをはじめ、終戦まで兵員・物資輸送に活躍した。
 余談だが本家の米国ロッキード社でもロ式輸送機のベースとなったエレクトラ輸送機の安定性不足 には手を焼いたようで、当機同様に胴体を延長して安定性を高めたロードスター輸送機が開発・生産 されている。ちなみにエレクトラ輸送機、ロードスター輸送機とも軍事汎用型への改修型が存在し、 それぞれハドソンベンチュラと して連合国軍や戦後の西側各国軍により使用されている。

機体詳細データ(一式貨物輸送機[キ56])
全長14.90m全高 3.60m
全幅19.96m翼面積51.20m2
自重4,895kg最大重量8,025kg
最高速度400km/h(高度3,500m)上昇限度8,000m
航続距離805〜1,140kmプロペラハミルトン油圧式定速3翅
発動機中島九九式(ハ25)空冷複列星形14気筒 公称970馬力×2基
乗員数3〜4名(操縦員)総生産機数121機
武装武装なし:乗客用座席数14(完全武装の落下傘兵10名)
主要タイプ 一式貨物輸(キ56):派生・改良型は無し