三菱 九二式重爆撃機(キ20)

陸軍:昭和6年初飛行、昭和8年準制式採用、昭和10年(?)生産終了

九二重爆
九二式重爆撃機

 昭和3年(1928年)に陸軍が開発に着手した超大型爆撃機。翼幅だけならば後年登場する超大型爆撃機 ボーイングB−29をも 凌ぐサイズを持ち、開発当時イタリアのカプローニCa90に次ぐ世界第二位の巨人機であった。
 陸軍航空本部総務部長であった小磯国昭少将(当時)の発議により、台湾からフィリピンのコレヒドールを爆 撃できる機体として開発に着手した。これは対米戦略を視野に入れたためと思われるが、長距離を飛行し爆撃 できる機体であれば、中国やシベリアなど大陸奥地の目標も攻撃範囲とできたであろう。
 当時の国内技術水準ではこのような大型機の自力開発は不可能だったので外国機のライセンス取得が検討さ れ、ドイツのユンカースG38大型旅客機(当時ベルリン〜ロンドン間の国際線に就航していた)を選定、三 菱がライセンス購入を行った。
 ユンカース教授が提唱した全翼機構想に基づいた設計だったため、大きく分厚い主翼が特徴的な機体で、主 翼内には搭乗員用の通路があり(なんと旅客機のG38には主翼内部にも客室があった)飛行中に搭乗員がエ ンジンや翼内タンクを点検することも可能だった。
 搭乗員達はこの度外れた大きさの機体に「オバケ」とあだ名を付けたが、大きすぎるサイズや鈍重な運動性 は戦場に不向きだとされ、実際に戦場へ出ることもなく少数機が生産されただけに終わったのである。

機体詳細データ(九二式重爆撃機[キ20])
全長23.20m全高 7.00m
全幅44.00m翼面積294.00m2
自重14,912kg最大重量25,488kg
最高速度200km/h上昇限度2,050m
航続距離2,500kmプロペラ木製固定ピッチ4翅
発動機「ユ」式(ユンカース)一型水冷V型12気筒 公称800馬力×4基
(5、6号機はユンカース ユモ四型ディーゼル発動機 公称720馬力×4基)
乗員数10名総生産機数 6機
武装7.7ミリ旋回機銃×8(前方2、左右主翼後上方各2、左右主翼後下方各1)、
20ミリ機関砲×1(上方旋回)、爆弾最大5,000kg
主要タイプ 九二重爆(キ20):生産機少数のため派生・改良型は無し