川崎 九五式戦闘機(キ10)

陸軍:昭和10年初飛行、同年制式採用、昭和13年(?)生産終了

九五式戦
九五式一型戦闘機

 昭和9年(1934年)に陸軍は九一式戦闘機の 後継機として開発されていたキ5試作戦闘機の 不採用を発表した。陸軍初の低翼単葉戦闘機として期待されていたキ5だったが、搭載発動機の不調や安定 性不足が不採用の理由であった。しかし新型戦闘機の導入が急務であった陸軍では引き続き試作機の開発を 川崎と中島に指示、翌年両社が提出した機体(川崎キ10、中島 キ11)を審査した結果、最高速度こそキ11が 上回っていたものの、旋回性能はキ10のほうが格段に優れており、格闘戦性能を重視した陸軍は川崎キ10 を昭和10年、九五式戦闘機として制式採用した。
 当機は当時最高水準を行く複葉戦闘機で、日華事変では中国軍が使用していたソビエト製の ポリカルポフI−15等の複葉戦 闘機を寄せ付けない強さを見せた。
 しかし昭和14年のノモンハン事件では単葉の ポリカルポフI−16に速度で劣り、 追撃できなくなっていた。この時代の飛行機発達は目覚ましいものがあり、九五式戦闘機も短い現役期間で 次世代機九七式戦闘機へと交替していった。
 余談ながら当機改良型として試作された一型改乙(キ10-改乙)は出力を強化した発動機の搭載や洗練された 機体設計などにより最高速度455km/hを誇り、上昇時間や旋回性能も 九二式戦闘機に劣らず、複葉戦闘機としては世界最 高レベルの機体であったが単葉機へ移行しつつあった時代の趨勢から採用には至らなかった。

機体詳細データ(九五式一型戦闘機[キ10-I])
全長 7.20m全高 3.00m
全幅 9.55m翼面積20.00m2
自重1,300kg最大重量1,650kg
最高速度400km/h(高度3,000m)上昇限度10,000m
航続距離1,100kmプロペラ固定ピッチ3翅
発動機川崎九五式八〇〇馬力(ハ9甲II)水冷V型12気筒 公称720馬力×1基
乗員数 1名総生産機数588機
武装7.7ミリ機銃×2(前方固定)
主要タイプ キ10:原型機。4機製作
一型(キ10-I):原型機に数度の改修を加えた初期生産型
一型改甲(キ10-改甲):主翼再設計、主脚や冷却器の空力的洗練を盛り込んだ改良案。試作のみ
一型改乙(キ10-改乙):二型同様の機体だが、密閉式風防や空力的洗練を盛り込んだ機体。試作のみ
二型(キ10-II):改良型。主翼面積増大化による格闘戦性能向上、胴体も延長された
二型改(キ10-II改):一型改乙の別称。ハ9乙II発動機搭載の性能向上型