川崎 九二式戦闘機(KDA−5)

陸軍:昭和5年初飛行、昭和7年仮制式採用、昭和10年生産終了

九二式戦
九二式戦闘機二型

 昭和2年に行われた陸軍初の国産戦闘機競争試作にパラソル式高翼単葉機「KDA−3」で挑んだ 川崎であったが、審査で強度不足を指摘され不合格となってしまった(このとき中島が試作した機体 が改修の後に九一式戦闘機として採用された)。
 しかし川崎の社内試験においてKDA−3は当時の戦闘機としては世界レベルの速度と上昇力を持 っていることが確認されていたため、同社では自主的に戦闘機開発を継続することにし、リヒアルト・ フォークト博士に新型戦闘機の開発を依頼した。
 輸入したジーメンス・ハルスケ450馬力発動機を搭載した複葉水上戦闘機KDA−4に続き開発 された全金属製複葉戦闘機KDA−5は昭和5年に完成、フォークト博士が考案した独自の構造が随所 に採用されており、軽量化のためジュラルミン鋼の全面的採用、国産化したBMW製水冷エンジン搭載など 新時代の戦闘機にふさわしい機体だった。この試作機は社内での飛行試験時に時速320キロという 日本最高速度や日本初の高度一万メートル到達などを達成しており、その能力の高さを示した。
 昭和6年に満州事変が勃発すると、新鋭戦闘機を欲した陸軍によりKDA−5の緊急審査が実施さ れ、構造強度の強化や発動機信頼性の向上、低速安定性の向上など改良要望が出されたものの、改修 により翌昭和7年に九二式戦闘機として仮制式採用となった(量産自体は採用前から開始されていた)。 陸軍内部では九一式戦闘機の採用直後だったこともあり当機の採用に躊躇する声もあったが、当機の 性能が高かったことと、水冷発動機を扱う川崎の育成という名目、中島の九一式戦だけでは戦場で必 要とされるだけの数が入手できないことなどを勘案されての採用だったと言えよう。
 他の機体よりも優速で上昇力も高い当機は局地戦闘機(迎撃機)としての性格が強かったが、発動機の信頼性 は低く整備も難しかったため厳冬期の満州では稼働率が低かったと伝えられる。満州事変をにらんで の採用だったものの九一式戦同様に実戦へ参加することはなく、順次第一線から退いた後は練習戦闘 機や実験機として使用されるようになっている。

機体詳細データ(九二式戦闘機一型[KDA−5])
全長 7.10m全高 3.16m
全幅 9.55m翼面積24.0m2
自重1,350kg最大重量1,800kg
最高速度320km/h上昇限度9,400m
航続距離850kmプロペラ木製固定ピッチ2翅
発動機川崎「ベ」式五〇〇馬力一型 水冷V型12気筒 公称500馬力×1基
乗員数 1名総生産機数385機
武装7.7ミリ機銃×2(前方固定)
主要タイプ 一型:「ベ」式五〇〇馬力一型(BMW6改)発動機搭載の初期型。一型と呼ばれたのは二型登場後
二型:「べ」式五〇〇馬力二型(BMW7、公称600hp)発動機搭載の後期型