三菱 九七式二号艦攻

海軍:昭和11年初飛行、昭和12年制式採用、昭和15年生産終了

九七式二号艦攻
33空所属の九七式二号艦攻

 昭和10年に中島飛行機・三菱航空機両社に試作指示が出された10試艦上攻撃機は、試作された機体に性能差が無かったため両方とも制式採用された。
 中島飛行機製の九七式一号艦攻は低翼単葉引込脚の新時代的設計であったが、この九七式二号艦攻は固定脚の保守的なスタイルをした機体であった(ただし勘違いしてはいけない事だが、スタイルこそ保守的ではあるが構造や機構的な部分には最新の技術が盛り込まれた機体であった)。
 のちに九七式一号艦攻の発動機換装型(九七式三号艦攻)が登場すると艦攻の主力生産機種は中島製になってしまい、当機は昭和15年に生産が終了してしまったが、中島機に比べ震動が少なく発動機の信頼性も高かったため、当機の方を好む搭乗員や整備兵も多かったという(このように高い評価を受けている当機だが油圧系統や主翼折りたたみ機構の問題があったとも伝えられる)。
 生産数が多くないため艦隊に配備されず、地上基地で哨戒任務や訓練任務に従事することが多かった。また大戦末期まで生き残っていた機体のうち少数は特攻にも使用されている。

機体詳細データ(九七式二号艦攻[B5M1])
全長10.32m全高 4.24m
全幅15.30m翼面積39.64m2
自重2,342kg最大重量4,000kg
最高速度380km/h上昇限度8,260m
航続時間9.3hプロペラ可変ピッチ3翅
発動機三菱「金星」四三型空冷複列星形14気筒 公称1,075馬力×1基
乗員数 3名総生産機数約150機
武装7.7ミリ機銃×1、航空魚雷×1または爆弾800kg×1もしくは250kg×2もしくは60kg×6
主要タイプ 二号(B5M1):派生・改良型は無し。後に九七艦攻六一型と改称