中島 九七式一号(三号)艦攻

海軍:昭和12年初飛行、同年制式採用、昭和16年生産終了

九七式一号艦攻
横須賀空所属の九七式一号艦攻

 昭和10年海軍は中島・三菱両社に十試艦上攻撃機の競争試作を命じ、中島案を昭和12年、九七式一号艦攻として採用した。今までの複葉・固定脚の旧式な艦攻を脱皮し、日本海軍初の低翼単葉全金属製引込脚の近代的な設計の機体で、世界的に見ても当時の艦攻の最先端を行く機体であった。ちなみに三菱案の固定脚設計の試作機も同時に九七式二号艦攻として採用されたが、こちらは総生産機数150機程にとどまっている。
 中島飛行機では当時並行して開発中だった10試艦偵に採用した可変ピッチプロペラや密閉式風防、上方折り畳み主翼などを当機にも流用したほか、軍用機初のファウラー・フラップ(蝶型フラップ)を採用するなど新機軸も盛り込まれた機体だった。
 昭和13年「光」三号発動機を装備した機体の生産が軌道に乗ったため、中島飛行機は以前から搭載を希望していた「栄」発動機の実用化に目処が付いたとして同発動機を装備した機体の試作を行った。翌年海軍による審査が行われ、速度や上昇力の向上、従前の機体と変わらぬ優秀な操縦性・安定性が認められ「栄」一一型搭載機も九七式三号艦攻として採用された(これにより「光」発動機搭載型は九七式一号艦攻と呼ばれるようになった)。
 一号と三号の機体設計に差はないが、発動機直径が異なるためエンジンカウリング部の形状が異なり、この点で容易に識別ができる(三号はカウリングが細くなっており、若干空力学的に洗練された形状をしている)。
 本機は日華事変後期から太平洋戦争開戦時のハワイ空襲を経て中期頃まで母艦搭載機として活躍しており、後継機である艦上攻撃機「天山」が登場後も陸上基地などから索敵哨戒・海上護衛などの任務に従事し、戦争末期には特攻機としても使用されている(終戦時残存機は134機)。

機体詳細データ(九七式一号艦攻[B5N1]:【 】内は三号艦攻[B5N2]のデータ)
全長10.30m全高 3.70m
全幅15.51m翼面積37.70m2
自重2,107kg【2,200kg】最大重量3,650kg【3,800kg】
最高速度370km/h【378km/h】上昇限度7,400m【7,640m】
航続距離1,090〜2,260km
【1,282〜2,280km】
プロペラハミルトン可変ピッチ3翅
【ハミルトン恒速3翅】
発動機中島「光」三型空冷星形9気筒 公称710馬力
【中島「栄」一一型空冷複列星形14気筒 公称970馬力】
乗員数 3名総生産機数1,250機(三号艦攻含む)
武装7.7ミリ機銃×1、航空魚雷×1または爆弾800kg×1もしくは500kg×1
もしくは250kg×2もしくは60kg×6
主要タイプ 一号(B5N1):「光」三号(公称710hp)発動機搭載。後に九七艦攻一一型と改称
一号練習用攻撃機(B5N1-K):一号艦攻に複操縦装置を搭載した練習機型
三号(B5N2):「栄」一一号(公称970hp)発動機搭載。後に九七艦攻一二型と改称