萱場 カ号観測機

陸軍:昭和16年初飛行、昭和17年制式採用、昭和20年生産終了

カ号観測機
カ号二型観測機試作機

 オートジャイロ機とは現代のヘリコプターのように回転翼で飛翔する機体である。ただし、ヘリコプターのように揚力と推進力両方を回転翼が発生させるのでは無く、回転翼は揚力のみを発生させるので、推進用のプロペラは別に付いており、また無風状態では垂直離着陸も不可能である。
 しかし、狭い場所での離着陸が可能であり、機動性にも優れているため陸軍では砲兵隊の着弾観測に用いるため萱場製作所と協同で新型オートジャイロ機の開発に着手した。そこで昭和16年に試作機が完成したのがこのカ号観測機である。
 輸入した米国製ケレットK−3と英国製シエルバというオートジャイロ機の長所を取り込み完成した当機は期待にたがわず高い機動性を発揮し、太平洋戦争中はフィリピン方面などで砲兵隊と協力して数々の作戦に参加した。また戦争末期には日本沿岸での哨戒任務にも就き、60kg対潜爆雷を搭載することもあった。
 当機にはアルグスV型エンジンを搭載した一型とジャコブス星形エンジンを搭載した二型があったが、量産されたのは一型のみである。(ここまでの記述は光人社刊「日本の傑作機」(小川利彦著)の記事を参考にいたしました)

 ※なお当機開発の経緯などについては諸説があり、上記の記述とは異なるものもあるので、以下に別説を記述する。※

 昭和8年に少数機が輸入されたケレットK−3(前出の書籍「日本の傑作機」によると愛國81号、82号として陸軍へ献納されたとあるので、最低2機は輸入されたものと思われる)は陸軍の実験中に墜落して喪われ、その後に購入されたケレットKD−1も事故で破損してしまった。
 陸軍技術本部は昭和15年に萱場製作所へオートジャイロ機の開発を命じ、萱場製作所ではまず破損したKD−1を修理改造した1号機を昭和16年4月に完成させ、この改造機を元にシエルバC14の長所も取り入れた試作機2機を昭和17年中に完成させた。これらの機体を使用して飛行試験が行われ、カ号一号観測機の名称で制式採用されることになった。
 制式採用により300機の量産発注が行われたが、量産機にはKD−1や試作機に使用されていたジャコブスエンジンではなく、アルグスエンジンが使用されている(試作機はカ号二型観測機と呼称された)。しかし戦争末期になり資材調達や工場の稼働率低下などから、終戦までに納入された機体は98機であった。(以上は酣燈社刊「日本陸軍制式機大鑑」の記事を参考にいたしました)

 昭和8年に陸軍は2機のケレットK−3を輸入し下志津飛行学校で試験を行っていたが、それと前後して海軍と朝日新聞社航空部でもシエルバC19を各1機輸入していた。(その後、陸軍のK−3は事故で喪われたため、陸軍ではさらに同社製KD−1を輸入している)
 昭和15年になって陸軍は繋留気球にかわる弾着観測機の開発を萱場製作所に依頼したが、萱場製作所ではさきに陸軍から修理を依頼されていたKD−1を修理改造して原型1号機を製作し、原型1号機に改良を加えた原型2号機も製作された。(同様に米陸軍でも1942年にKD−1をベースにしたケレットYO−60を試作している。)
 昭和16年以降終戦までに量産型(アルグスエンジン搭載のI型とジャコブスエンジン搭載のII型)が100機あまり製造され、弾着観測以外に連絡任務などにも用いられている。(以上は新紀元社刊「帝国陸海軍軍用機ガイド1939-1945」(安東亜音人著)の記事を参考にいたしました)

機体詳細データ(カ号一型観測機。【 】内は二型の数値)
全長 6.95m(胴体長)全高 3.10m
全幅10.6m(停止したローター含む)翼面積ローター回転直径12.2m
自重  755kg【745kg】最大重量1,170kg【1,020kg】
最高速度 165km/h【180km/h】上昇限度4,000m
航続距離 280km【320km】プロペラ3翅ローター+固定ピッチ2翅
発動機神戸製鋼オハ2(アルグス)空冷倒立V型8気筒 公称200馬力×1基
【ジャコブスL-4M-7空冷星形7気筒 離昇240馬力×1基】
乗員数 2名総生産機数98機(240機等の諸説あり)【2機】
武装60キロ対潜爆雷×1等
主要タイプ ケレットK-3:陸軍へ献納された米国製オートジャイロ機。
ケレットKD-1:陸軍が購入した米国製オートジャイロ機。当機原型のベースとなった
原型1号機:KD-1を修理改造した機体。ジャコブスエンジン搭載
原型2号機:原型1号機に改設計を加えた機体。原型3号機も同様
一型:アルグスAc空冷倒立V型8気筒(離昇240hp)発動機搭載量産型
二型:ジャコブスL-4M-7空冷星形7気筒(離昇240hp)発動機搭載量産型