川西 零式水上初歩練習機

海軍:昭和13年〜15年

帝国海軍最後の水上初歩練習機

零式水上初練
零式水上初歩練習機

 昭和12年(1937年)に海軍は長年使用してきた九〇式初歩練習機の 後継機開発として12試初歩水上練習機の開発試作を川西、日本飛行機、渡辺鉄工所の3社に対して指示した。
 性能審査の結果、川西製の機体が他社のものより性能が優れていたため、若干の改修のうえ昭和15年に零式一号水上基本 練習機として制式採用された(昭和17年に零式水上初歩練習機と改称)。
 しかし、当機が制式採用された時点で既に基本操縦練習にも九三式中間練習機を 使用するようになっており、新しい初歩練習機を調達する意義は失われていたため少数の生産に終わっている。

機体詳細データ(零式水上初歩練習機[K8K1])
全長 8.80m全高 3.37m
全幅 9.50m翼面積24.00m2
自重 719kg最大重量 991kg
最高速度184km/h(海面高度)上昇限度3,490m
航続時間4.6hプロペラ固定ピッチ2翅
発動機瓦斯電「神風」二型空冷星形7気筒 公称130馬力×1基
乗員数 2名総生産機数 15機
武装武装なし
主要タイプ 零式水上初練(K8K1):生産機少数のため派生・改良型は無し