>KEY's So Military Page

三菱 11試機上作業練習機

海軍:昭和13年

高価な機上作業練習機

11試機練
11試機上作業練習機原型機(空冷発動機搭載型)

 諸外国との関係が悪化し、軍備増強に力を入れる必要が生じてきた軍部では各種兵器の増産など の増強策を開始した。海軍でも艦船の増産に力を入れるほか、航空機搭乗員の大量養成を開始する こととし、旧式化した九〇式機上作業練習機の 後継機試作の指示を三菱に対して行った。
 指示を受けた三菱では昭和13年に全金属製・単葉双発の原型機2機(搭載エンジンを空冷・液 冷両方で製作している)を完成させ審査に臨み、この原型機は海軍が要求した性能を示した。特に 大きな問題点も見つからなかったため採用確実かと思われたが、日華事変の激化により三菱では艦 上戦闘機や陸上攻撃機といった現行生産機種の増産に全力を注ぐ必要が生じたほか、海軍内部でも 練習機に全金属製機体は高価すぎて分不相応であるとの意見も出たため当機が制式採用されること はなかった。

機体詳細データ(11試機上作業練習機[K7M])
全長13.26m全高 3.46m
全幅20.00m翼面積50.30m2
自重2,550kg最大重量3,800kg
最高速度260km/h上昇限度5,800m
航続距離980kmプロペラ可変ピッチ4翅
発動機日立「天風」一一型空冷星形9気筒 公称300馬力×2基
またはアルグスAs10c水冷倒立V型8気筒 離昇240馬力×2基
乗員数 7名総生産機数 2機
武装7.7ミリ機銃×1、演習用爆弾最大90kg搭載
主要タイプ 11試機練(K7M):原型のみ(空冷・水冷発動機搭載型各1機ずつ)製作、採用されず